秋元 康がプロデュースする新劇団『劇団4ドル50セント』の旗揚げ記者発表会が8月23日に草月ホールにて開催された。

 会場には、秋元プロデューサーおよび脚本を担当する丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)らクリエイター陣と、劇団員31名が顔を揃えた。

 「劇団4ドル50セント」は、秋元 康と松浦勝人が初めてタッグを組んだプロジェクト。2016年9月に劇団を立ち上げること、および日本全国でオーディションを開催することを発表。応募総数5000件から、年末に最終審査を行ない、31名の劇団員が選出された。

 なお、劇団名は、ジャニス・ジョプリンが「4ドル50セント」を握って亡くなっていたという実話を元に、秋元が命名した。

 記者発表会では、劇団員のバックボーンや想いを感じさせるようなプロローグ映像を挟んで、女性21名、男性10名の劇団員が、初めての演技を披露する。

 メンバーの個性を感じさせつつ、ジャニス・ジョプリンが死んだ際、手に掴んでいた「4ドル50セント」の物語で、「ジャニスが掴みたかったものは釣り銭じゃない。夢だ!」と、秋元プロデュースの楽曲「少年よ空を見よ」で、今の自分たちの想いと重ねる。

 さらに劇団員から選抜した女性8人の派生ユニットも制服姿で登場。同じく秋元プロデュースの「愛があるから」で、瑞々しいパフォーマンスを披露した。

 会見に出席した秋元プロデューサーは、ずっと劇団をやりたかったこと、AKB48も最初は劇団をイメージしていたことなどを語り、「若き劇団員たちと、日本を代表するクリエイティブスタッフで、掴めるものを考えた時に、ジャニスの話を思い出して劇団名を付けた」と明かした。劇団のトータルプロデューサー、総合演出は秋元康。

 丸尾丸一郎は、秋元から話があった時に、「本当にびっくりしました。でも打ち合わせを重ねるうちに、秋元さんが劇団少年だったこと、本気な気持ちをお聞きして、秋元さんのそばでブレイクする瞬間を立ち会いたい。演技もダンスも歌もまだ未熟。しかし、今の彼らにしかないもの、彼らの表現欲求が伝わるものにしたい。」と語った。

 今後は11月3日より、青山スパイラルホールにてプレ公演を開催し、2018年2月8日より、新宿紀伊国屋ホールにて旗揚げ公演を行なう。

 さらに、女性8人組の派生ユニットでも劇団のプロモーション活動を実施するほか、劇団員各自の個性に合わせて、映画やドラマ、多岐にわたる活動を行なっていく。

 会見後、囲み取材に初めて応じた劇団員達は初々しい対応を見せた。劇団でセンターを務める高校3年生の國森 桜は会見で見せたプロローグ(演劇)について、言葉をつまらせながら、「緊張はそんなにしてないんですけど、ダンスの振りやセリフの言い方などの練習をたくさんしたので、それがたくさん出せたと思います。」とコメント。

 劇団リーダーの岡田 帆乃佳は「11月に向けて、ド素人なりの熱量で、人の心を動かせるようにがむしゃらに稽古して頑張ります。日本一熱い劇団になることです。まずは日本一。世界は……シカゴ?  シカゴですよね? シカゴ行きます。」と、シカゴにこだわった。

 劇団のキャッチフレーズは「夢を見たけりゃ、目を開けろ。」。まだ夢と熱量しかない、しかし夢と熱量を持った31人が、日本のエンターテインメントの中で躍動を始める。