8月24日は元ユーライア・ヒープのキーボーディストとして知られるケン・ヘンズレーの72歳の誕生日。

 ケン・ヘンズレーは1945年8月24日、イングランド・ハートフォードシャー生まれ。70年代にユーライア・ヒープのキーボーディストとしてデビューを果たし、バンドの成功のみならずハードロックの発展に絶大な貢献を果たしたレジェンドの1人である。70年代からソロ活動も積極的におこなっており、1973年に『誇り高き言霊』でソロデビュー。80年のバンド脱退後はソロ活動のほか、アメリカン・ロックをルーツとするバンド、ブラックフットのメンバーとしても活動をおこなった。2000年以降も精力的に活動を続けており、2013年には『ラヴ&アザー・ミステリーズ』をリリース。翌13年にはユーライア・ヒープとしての来日以来40年ぶりとなる来日公演も実現している。今夏には、デビュー作『誇り高き言霊』と『愛と苦悩』(1975年)のソロ初期2作品が日本初CD化されたことがファンの間で話題に。ヘンズレーは現在もヨーロッパを中心にライブ活動を続けている。