17-18フランス・リーグ1第3節、パリ・サンジェルマン対トゥールーズ。試合中に笑顔を見せるPSGのネイマール(2017年8月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)グループステージのポット分けが発表され、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)がすぐさまバルセロナ(Barcelona)の地に足を踏み入れる可能性は消滅した。組み合わせ抽選会は、24日の現地時間午後6時(日本時間25日午前1時)にモナコで行われる。

 ネイマールは今月上旬、史上最高額の2億2200万ユーロ(約288億円)でFCバルセロナ(FC Barcelona)からパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)に移籍。両クラブはともにポット2に入った。

 前回大会を制したスペイン王者のレアル・マドリード(Real Madrid)をはじめ、ポット1には欧州サッカー連盟(UEFA)のランキングで上位8か国のリーグ王者が入った。

 ポット1にはレアルをはじめ、イングランド王者のチェルシー(Chelsea)、ドイツ王者のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)、フランス王者のASモナコ(AS Monaco)、ポルトガル王者のベンフィカ(Benfica)、イタリア王者のユベントス(Juventus)、ロシア王者のスパルタク・モスクワ(Spartak Moscow)、ウクライナ王者のシャフタール・ドネツク(Shakhtar Donetsk)が入っている。

 しかし、バルセロナとPSGをはじめ、ポット2にはマンチェスター・シティ(Manchester City)、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)、ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)、アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)、セビージャFC(Sevilla FC)、FCポルト(FC Porto)が振り分けられており、ポット1以上の強豪がそろった。

 ポット3にはトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)、ASローマ(AS Roma)、ナポリ(SSC Napoli)、そして23日のプレーオフで1899ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)を退けたリバプール(Liverpool FC)など危険な存在が顔を並べている。

 グループステージは各組4チームの8グループで争われるが、同じ国のチームは別のグループに振り分けられる。

ポット1

レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘン、ユベントス、ベンフィカ、チェルシー、シャフタール・ドネツク、ASモナコ、スパルタク・モスクワ

ポット2

FCバルセロナ、アトレティコ・マドリード、パリ・サンジェルマン、ボルシア・ドルトムント、セビージャFC、マンチェスター・シティ、FCポルト、マンチェスター・ユナイテッド

ポット3

RSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)、FCバーゼル(FC Basel)、ベシクタシュ(Besiktas)、ナポリ、オリンピアコス(Olympiakos)、ASローマ、トッテナム・ホットスパー

ポット4

セルティック(Celtic)、フェイエノールト(Feyenoord)、RBライプツィヒ(RB Leipzig)、アポエル・ニコシア(APOEL Nicosia)、カラバフFK(Qarabag FK)、スポルティング・リスボン(Sporting Lisbon)、CSKAモスクワ(CSKA Moscow)

【翻訳編集】AFPBB News