秋の訪れを告げるスイーツ

写真拡大

ホテル阪急インターナショナル(大阪市)は、開業25周年を記念した球体モンブラン「Chataigne(シャテーニュ)」を、2017年9月1日からティーラウンジ「パルテール」で販売する。

卵型チョコレート

「Chataigne」は「栗」を意味するフランス語。その名の通り、実りの秋を代表する"栗"を様々なスタイルで盛り込んだスイーツだ。ホテルカラーである紫色の鮮やかな卵型チョコレートの中には、マロンクリームや栗の甘露煮のタルト、紅茶のブリュレ、紫芋のアイスが隠れている。

また、上にはサクサク食感のカダイフをトッピングし、下にはコーヒー風味のクランブルを散りばめてほろ苦さもプラス。さらに、独特の食感と程よい甘みが特徴の無花果、栗の甘露煮が添えられる。

料金は1300円(サービス料・税込)。