さまざまな理由で手放された保護犬たちを家族の一員として迎える家庭が増えています。イラストレーターさんの岩沢さんと「オット」も、およそ1年前に柴犬系の雑種犬「ふうちゃん」をシェルターから引き取りました。家にもすっかり慣れた今、引き取ったときのようにおびえることはなくなったそう。そのかわりに、こんな一面をのぞかせることもあるそうで…。



「周りには流されないわ」マイペースすぎるふうちゃん

犬って、ボールやフリスビーのようなものを投げたら、必ず追いかけるものだと思っていました。でも、そんなことはなかった…。飼い主が走り出しても、一緒に走ったりしません。落ち着いています。「あたしは周りに流されたりしないわ」という声が聞こえてくるようです。

また、ふうちゃんはじつによく寝ます。ふうちゃん用ベッドの上で寝るよりも、そのへんの床に転がっている(という表現がまさにぴったり)ことが多く、踏みそうになるときがあります…。1日のほとんどの時間を寝て過ごし、たまに起きてはご飯を食べ、飼い主たちから「今日もかわいいね〜」となでられる。そんな、少しうらやましい気まま暮らしを送るふうちゃんです。


オヤツが大好きのふうちゃん。ガジガジ…。


ペロリ!

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「iwasawa web」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける