パス通らず…ならば自分で! 中村憲剛が披露した”自作自演スルーパス“「あれ、行けるかな?」

写真拡大

川崎がACLベスト8で浦和と対戦し、3-1の快勝

 川崎フロンターレは23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ベスト8第1戦で浦和レッズと対戦し、3-1で勝利。

 この試合でもアシストを記録した川崎のMF中村憲剛だったが、思わぬ珍プレーで先制点を演出してみせた。

 スコアが動いたのは前半33分。敵陣でボールを持った中村は前方にいた家長へ縦パスを供給。しかし、中でもらおう動いていた家長とイメージが合わず、連係は失敗に終わってしまう。ところが相手DFも家長の動き出しに釣られ、ボールは無人となったアタッキングサードのスペースを転がった。

  すると、それを確認した中村はすぐさまスプリントをかけ、自分で出したボールを自ら持ち運ぶと、ドリブルでゴール付近まで侵入。左サイドからグラウンダーのクロスを供給し、これをFW小林悠が冷静に左足で流し込み、先制点の奪取に成功した。

 試合後、この一連のプレーについて、尋ねられると、「まぁね、ドリブルもあるんだよっていうのも、たまには小出しにしないと」とドヤ顏を見せ、取材陣の笑いを誘った。

「あれ?これ行けるかな?と思って」

「本当はアキ(家長昭博)とワンツーしようと思って出したんだけど、アキが届かなかったのか、ずれたかで、ああなったんだけど、緩かったので、あれ?これ行けるな?と思って。あのまま打とうかなと思ったんだけど、ユウが見えちゃったからね。出しちゃいましたよね」

 自分がパスを出し、それを自分で受けてチャンスを作り出すという珍しいワンシーンとなったものの、この”自作自演スルーパス“とも呼べる好プレーが、クラブ史上初となるACLベスト4進出に向けて大きな一歩となったことには間違いない。

【了】

城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、中村憲剛の“自作自演スルーパス”から小林がゴール

https://youtu.be/XHxLDrxKSig?t=14s

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、中村憲剛の“自作自演スルーパス”から小林がゴール