坂上忍

写真拡大

24日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が、テレビ番組でのいわゆる「ワイプ芸」について怒りの声をあげた。

番組では、ビートたけしがハーフタレントの「タメ口」に言及するコラムを紹介。とある番組で「タメ口」を使われ、怒鳴り散らしてしまったことを明かしている。スタジオでこの件を討論する中、坂上は「俺ね、一番ダメなのがあるんですよ…。『ワイプ芸』っていうの」と明かした。「ワイプ芸」とは、画面脇に表示される小窓の中で、タレントがVTR上で起きていることにリアクションをとることをさす。

坂上は「ワイプ芸」をするタレントについて「『すごーい、おいしそ〜』『わ〜い』と大げさなリアクションをとることを仕事だと思ってるでしょ?」「ああいう人と一緒にいると勤労意欲がなくなる…」と胸中を語った。

坂上は、VTRがスタッフの作った労作であることを理解し、リアクションはとってあげたいとは思うというが、度を越したリアクションを隣でされることに「そこまでのものじゃねえだろ!」と怒りを覚えるという。坂上は「あんな嘘のつき方をするなら、もっとちゃんと芝居つけろよ!」「仕事のうちに入んねえよ」と怒鳴り散らし、スタジオは大爆笑となった。

フットボールアワーの後藤輝基も「いつの間にか『ワイプ芸』と呼ばれているのは、確かにちがいますよね」と坂上の主張に一定の理解を示す。坂上は「俺はVTRを汚していると思っちゃう。だって嘘にしちゃってるんだもん」と語った。

一通り怒りをぶちまけた坂上。ここで我に返ったのか「俺って今、結構ヤバいこと言ってる?」と尋ねる。後藤が「そうですね。打ち上げで言うこと言うてます」と答えると、慌てた坂上は「いったんCMに行って!」と促して、スタジオは笑いに包まれた。