中国の山東出入境検験検疫局は23日、山東省の企業が日本から輸入したウェットシート商品のリコールを行ったと明らかにした。

写真拡大

中国の山東出入境検験検疫局は23日、山東省の企業が日本から輸入したウェットシート商品のリコールを行ったと明らかにした。山東省の主要紙・斉魯晩報が伝えた。

今回リコールの対象となったのは、フローリング用やキッチン用のウェットシートと除菌シートの3種類。これらの商品で、中国の有効期限に関する基準に適さない商品が見つかり、当局は「長期間放置された場合微生物が基準値以上に増殖する恐れがあり、使用者の健康に害を及ぼす可能性がある」と判断しリコールを決めた。

同省では韓国から輸入したウェットシートを安全性の問題で同じくリコールしており、今回は2例目。商品を輸入した企業は、安全な商品の無料交換の形でリコールを進めている。(翻訳・編集/内山)