スーパーやデリで売っているアジフライを時短アレンジして、食が進むおいしいプチ寿司を作っちゃいます! 寿司酢と料理酒を合わせるだけのマリネ液に、温めたアジフライを片面30秒ずつ漬け込むだけで、ふんわりさっぱりとした南蛮漬け風に早変わり。

甘酸っぱい南蛮漬け風アジ寿司が手軽に完成!

【アジフライ寿司】

材料(1〜2人分)
・ご飯(温かいもの) 1膳分
・アジフライ 1枚
・タマネギ、赤パプリカ 各15〜20g

<マリネ液>
・寿司酢 大さじ2
・料理酒 大さじ1

 作り方

1・タマネギと赤パプリカをスライサーで薄くスライスする。

冷蔵庫に余っていがちなタマネギと赤パプリカを、賢く利用。

薄くスライスすることでマリネ液のなじみが早い。

2・ボウルに<マリネ液>の材料を入れ、1を加えて軽く混ぜる。

野菜にマリネ液がちょうど浸る程度の量にする。

3・2の野菜を菜箸で引き上げて、あたたかなご飯に加えて混ぜる。スプーンを使って6等分の量を皿に盛り付ける。

スプーン2本を使って押しつけるように形を作る。

手まり寿司風に盛り付ける。

4・電子レンジで温めたアジフライを6つに切りわけ、3で残ったマリネ液に片面30秒漬け、裏返して30秒漬ける。3のご飯の上にひとつずつ乗せる。

アジフライは耐熱皿に乗せて20秒電子レンジで加熱、裏返してさらに20秒加熱するのが上手に温めるポイント。

小丼風にアレンジしても!

マリネ野菜を混ぜたご飯を器に盛り、アジフライは細かく切らずに半身をマリネ液に浸してご飯に乗せればより手軽に作れます。

Point.
常温程度に冷めてから食べる。冷蔵庫で冷やしても美味しい。



■賢人のまとめ
ベースの米酢やリンゴ酢に昆布などの出汁と砂糖、塩が入った寿司酢。ご飯に混ぜて酢飯を作るだけでなく、上品な味のマリネ液としても活用できます。今回のマリネ液は寿司酢:料理酒=2:1の簡単配合です。レシピの3のステップまで作った野菜(タマネギ&赤パプリカ)はそのまま食べても美味しい。作り置きにも重宝します。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。