山口友敬と山田孝之

写真拡大

 俳優の山田孝之と元舞踊家で腕時計ブランド「ブリラミコ」創業者の山口友敬が、新ブランド「フォリエッジ(FORIEDGE)」を立ち上げる。第1弾プロジェクトとして、違和感をテーマにした江戸ガラスの商品を製作。8月24日の今日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達を開始した。
 フォリエッジは、今年2月に山田と山口が知人の誕生日会で再会したことをきっかけに始動。株式会社フォリエッジを立ち上げ、山田は代表取締役兼CCO、山口は代表取締役兼ブランドプロデューサーをそれぞれ務める。
 東京の江戸ガラス職人の協力のもと製作される商品は、「コンポート」「日本酒グラス」「ゴブレット」「シャンパングラス」「白ワイングラス」「赤ワイングラス」の6つ。グラスの足が曲がったユニークなシルエットが特徴で、デザイン性とともに、グラスを支える台座の部分を通常より少し大きくすることで、安定して置けるという実用性も兼ね備えている。
 今回のクラウドファンディングは1万3,122円から出資可能。約2カ月間の募集で、500万円を目標金額に掲げる。リターンには、グラスやロゴTシャツ、レセプションパーティーへの招待などが用意されている。