(C) Sophie Delaporte

フランスの陶器ブランド「アスティエ・ド・ヴィラット」は、書籍「MA VIE A PARIS(私のパリ生活)」の日本語版の一般販売を開始した。大日本印刷株式会社により、オリジナル書体「秀英体」を使用して、全ページ活版印刷で製造されたガイドブック。国内の書店や「H.P.DECO」で販売されている。

本書は、デザイナーであるイヴァン・ペリコリ氏とブノワ・アスティエ・ド・ヴィラット氏が、まさにパリのテイストを具現化した作品だ。オブジェのような美しい造本設計で、三方金の豪華なデザイン。「私のパリ生活」のタイトルにふさわしく、2人が個人的に通う店や場所が惜しげもなく紹介されている。

このガイドブックの初版は2016年1月に刊行され、英語版に続き、今回の日本語版も活版で登場した。大日本印刷株式会社とタッグを組み、同社が長い社歴の中で大切に継承し保存していた活版印刷の技術を13年振りに提供。原稿を目視しながら1人が漢字と仮名の活字を1文字ずつ拾っていき、2人目が不足している活字を鋳造し、3人目の植字工が数字とアルファベットを追加しながら活字をページの形に組み上げるといったように、日本の職人たちの手で印刷が実施され、全ての工程が手作業で進められている。

アスティエ・ド・ヴィラット / 大日本印刷株式会社
URL:http://www.dnp.co.jp/
2017/08/24