チェルシー戦で頭蓋骨骨折のライアン・メイソン(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 今年1月のチェルシー戦で頭蓋骨骨折の大怪我を負ったハル・シティに所属する26歳のイングランド代表MFライアン・メイソンが現役引退する可能性が出てきた。23日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 現地時間の1月22日に行われたプレミアリーグの試合でハル・シティはチェルシーと対戦。先発で出場したメイソンは、13分にチェルシーのDFガリー・ケイヒルとの競り合いで頭を強く打ってピッチへ倒れ込み、数分間の治療を受けたあと担架で運び出された。その後、頭蓋骨を骨折したため手術を受けたこと、容態は安定しているとの発表をハル・シティが行なっていた。

 現在は練習に復帰するまでに回復している。ただ、試合に出場するのは危険が伴うとされており、まだ今季の公式戦には出場していない。同紙によると、2人の医師に意見を求めているが、さらに3人目の医師のもとに訪れる予定だという。専門家の異なる意見を聞いた上で、試合に出場するか判断するようだ。

 しかし、同紙は「サッカーに戻るよりも引退する方が安全だと言われる可能性がある」とコメントしている。メイソン本人は「生きていることに幸運に感じる」と語っており、慎重に考えているようだ。

 また、英紙『エクスプレス』ではハル・シティを率いるレオニード・スルツキー監督のコメントが掲載されている。メイソンについてスルツキー監督は「彼はプレーしたいようだが、彼自身だけでなく彼の家族も含めて決断を下さなければならない。サッカーだけでなく、彼の人生にかかわることだから」と語り、起用に慎重な姿勢を見せている。

text by 編集部