川崎フロンターレのMF中村憲剛【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

昨シーズンまでとは異なる強さを身につけている3つの理由

 日本勢同士の激突となった、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦を川崎フロンターレが制した。ホームの等々力陸上競技場に浦和レッズを迎えた23日の大一番で3ゴールを奪い、守っては1失点に封じてクラブ史上初のベスト4進出へ王手をかけた。鬼木達新監督のもとでなかなかエンジンがかからなかった序盤戦から右肩上がりの復活曲線を描き、クラブの歴史に新たな1ページを刻もうとしている要因を、チームひと筋15年目のバンディエラ、MF中村憲剛(36)の言葉から紐解いた。(取材・文:藤江直人)

----------

 ファンやサポーターに「もっと熱く」と訴えるかのように、両腕を下から上へ激しく振りあげた。それも一度、二度、三度と。そのとき、川崎フロンターレの大黒柱、36歳のMF中村憲剛は吠えていた。

 後半7分すぎに右タッチライン際で繰り広げられていた攻防。フロンターレのパスがわずかに流れ、カバーリングに入った浦和レッズのDFマウリシオが前方のMF矢島慎也へパスを出したときだった。

 猛然とプレスバックしてきた中村が、矢島が切り返した瞬間に狙いを定めてボールを刈り取りにいく。レッズボールのスローインになった直後に、おもむろにバックスタンドを煽って一体感をさらに高めた。

 日本勢同士の激突となった23日のACL準々決勝第1戦。フロンターレが3‐1の快勝劇で先勝し、初のベスト4進出へ王手をかけた90分間に、クラブに新たな歴史が刻まれつつある理由が凝縮されていた。

「ここ2ヶ月くらいで自分たちも整理されてきて、オニさん(鬼木達監督)のやりたいサッカーを体現できるようになってきている。ボールをもったときには人もボールもどんどん出ていって握り倒すところと、取られた瞬間に切り替えるところ、あとは球際のところで激しく戦うところもそうですよね。

 これらができないと試合に出られないし、トレーニングの段階からみんなが口を酸っぱくして言いながらやっている。そうした積み上げと選手たちの意識の高さ、そして厳しい競争があるなかで対戦相手のことよりも、自分たちをどれだけ高められるかということを突き詰めて毎日やっているので」

 充実感を漂わせる中村があげた、昨シーズンまでとは異なる強さを身につけている理由は3つ。冒頭で紹介したシーンは、2つ目の「攻守の切り替えの速さ」を大ベテラン自らが率先して実践していた。

 そして、前半33分に決まったキャプテンのFW小林悠の先制点は、1つ目の「ボールをもったときには人もボールもどんどん出ていって握り倒す」が、ほぼ完ぺきなかたちで展開されたすえに生まれていた。

 左サイドのハーフウェイライン付近でボールをもったMF駒井善成をDF谷口彰悟、MF大島僚太、MF阿部浩之の3人で取り囲む。たまらずこぼれたボールを、MFエドゥアルド・ネットが拾った。

 そこから約30秒間に15本ものショートパスを、左サイドでポンポンとテンポよくつなぐ。プレーに関わった選手はネットを起点に大島、中村、阿部、MF家長昭博、DF車屋紳太郎と6人を数えた。

ミスを補った個人の閃きと技

 ワンタッチパスもあれば、あえて緩めのパスを交換することもある。緩急も自在に使い分けながらレッズの選手たちを翻弄し、次第にペナルティーエリア付近にまで侵入していく。

 15本目のパスは、家長が左タッチライン際から中村へ出したショートパス。家長はそのまま中央へ走り、中村からリターンをもらおうとした。しかし、緩めのパスはわずかながらずれてしまう。

 通りすぎていった家長にはわたらず、そのままボールが転がっていく。レッズだけでなくフロンターレの選手たちまでもが一瞬ながら足を止めた瞬間、中村は「いける!」と閃いた。

「カバーに入ってきた、確かマウリシオ選手の股がちょうど開いていたので。これはいけるかなと思ったら抜けて、今度はシュートを打とうかなと思ったんですけど、(小林)悠がまた見えたのでパスを出しちゃいました。ドリブルもあるんだよ、というのをたまには出さないと」

 画竜点睛を欠いたかに映った16本目のパスは、中村が図らずも自分自身へ放った“一人スルーパス”となる。慌ててボールに寄せたマウリシオの股をワンタッチで通して、ゴールライン付近にまで切り込む。

 この時点でレッズの守備網は完全に崩壊していた。中村のシュートをまずは意識せざるをえないし、そうなればゴール中央に巧みにポジションをとっていた小林のマークが甘くなる。

 ミスを個人の閃きと技とで補い、守護神・西川周作の牙城を打ち破った先制弾で主導権を握ったフロンターレは、後半開始早々の5分にもDFエウシーニョが豪快なジャンピングボレーを決めて優位に立った。

 このシーンでは中央をドリブルで突破したネットが、左前方の小林へスルーパス。左足からのシュートは西川にセーブされたものの、こぼれ球をゴール前まで詰めていたエウシーニョが押し込んだ。

「エウソン(エウシーニョ)がなぜあそこにいたか、わからないんだけど」

 右サイドバックのエウシーニョが、まるでフォワードのようにゴール前へ詰めていたことに、中村は苦笑いを隠せなかった。それでも、人がわき出てくる波状攻撃には大きな手応えを感じている。

「相手が真ん中を消してくれば外から攻めればいいし、外を埋めてくれば真ん中が空いてくる。そういうことを僕だけじゃなくて、みんながわかってきている。自分たちがボールを保持できていたので、どこが空いてくるのかを探しながら、たとえ取られてもすぐに回収できていたからね」

“らしさ”を欠き苦しんだシーズン序盤戦

 試合前のアップで異変を訴えた柏木陽介を欠くアクシデントはあったものの、レッズは当初から阿部勇樹をアンカーに配置。その前に2人のボランチをすえる、守備重視の布陣で臨んできた。

 矢島と組むボランチが柏木から青木拓矢に変わっても、まずは真ん中のスペースを消すレッズの狙いは変わらない。先制点はその逆を突くかたちで、左サイドを徹底的に揺さぶったすえに生まれた。

 ひるがえって追加点は中央突破から。9月13日に埼玉スタジアムで行われる第2戦へも大きな影響を与える後半40分の小林のゴールは、左サイドから家長があげたクロスに導かれたものだった。

「ただ、相手も監督が代わってから日が浅いからね。監督が代わったら、それまでのシステムや選手でやっても、微妙にやっていることが変わってくる。そういうところは、まだ煮詰まっていないのかなと。僕たちもオニさんになってから、やっぱり時間がかかったので」

 2012シーズンから長期政権を築いてきた、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が解任されたのが7月30日。コーチから昇格した堀孝史新監督の意図が、まだ完全に浸透していないのではと中村はレッズを慮った。

 フロンターレも生みの苦しみを味わわされてきた。4年半にわたって、独特のポゼッションサッカーを標榜してきた風間八宏監督(現J2名古屋グランパス監督)が昨シーズン限りで退任した。

 ヘッドコーチから昇格した鬼木新監督は前任者のスタイルを踏襲するとともに、攻守の切り替えの速さと球際における激しさを融合させる路線をとった。一度伸びた技術は落ちない、を前提としていた。

 しかし、序盤戦は“らしさ”を欠いた試合が続く。たとえばACLのグループリーグでは、初戦から4試合連続ドローで一時は敗退の危機に直面した。もがき苦しんだ時期を、中村はこう表現したことがある。

「ボールをもつ、相手のマークを外すというところで、ちょっとピンボケしていた。やっぱり自分たちがボールをもつことに特化しないと、このチームはダメだと思うので」

 指揮官交代が与えた影響が大きすぎたゆえに、新監督の要求を実践しようという意識が強くなっていたのだろう。迎えた4月21日の清水エスパルス戦を前にして、鬼木監督が訴えた。

「やっぱりボールを握ってナンボだろう」

 時計の針が「攻守の切り替えの速さ」や「球際における激しさ」へ振れすぎたころを見計らって、前任者の時代から脈打つ原点回帰も意識させた。相反する2つのスタイルが、融合に向かった瞬間だった。

存在感を増してきた阿部、フィットし始めた家長

 エスパルス戦までは、J1とACLを合わせた公式戦で3勝7分け1敗と勝ち切れない状況が続いた。ひるがえってエスパルス戦以降は15勝3分け3敗と、鮮やかなる変貌を遂げている。

 その過程でガンバ大阪から加入した阿部が完全にフィット。J1ではすでにキャリアハイとなる9ゴールをあげて、労を惜しまない運動量とあわせて、攻撃陣に必要不可欠な存在となった。

 そして、開幕直後に負ったけがで出遅れていた家長も、13日の鹿島アントラーズ戦で待望の移籍後初ゴールをマーク。ACLのレッズ戦を含めて、対戦相手に脅威を与える存在になってきた。

「僚太がいて、ネットがいて、阿部ちゃんがいると楽ですよ。僕は別に何もしなくても、マークをひきつけているだけでいいんだな、という感じで」

 阿部が存在感を増していたときには「楽」という言葉で歓迎した中村は、大宮アルディージャから加入した家長がいよいよ潜在能力を発揮しつつあるいま現在に「楽しい」と無邪気な笑顔を浮かべる。

「もともといい選手でしたからね。ウチにフィットする時間がかかっただけで。まあ、ちょっと待ちましたけど、ボールをもてるし、キープもできる。2人でこのくらいの距離でやれる選手は、そんなに多くない。その意味では、やっていてちょっと楽しくなってきました」

 中村がゼスチャーで示した「このくらい」とは、それこそ1メートルちょっとの距離。昨シーズンのリーグMVPに輝いた一流は、ガンバ時代から天才と称されてきた男を知るということだろう。

上手さに泥臭さを融合しつつあるフロンターレの中心で

 前線の4人に大島やネット、両サイドバックも加わる多彩な攻撃は、FW大久保嘉人(現FC東京)が抜けた穴を心配させるどころか、阿部と家長の個性がもたらす相乗効果でより破壊力を増している感がある。

 そこへ鬼木監督が就任時から求める「攻守の切り替えの速さ」と「球際における激しさ」が加わる。後者に関しては、中村に代わって後半25分から投入されたDF登里享平が身をもって示した。

 レッズに1点を返された4分後の後半35分。カウンターからFW武藤雄樹が抜け出しかけた、あわや同点のピンチで誰よりも早く体を寄せて、食い止めたのが登里だった。

 激しい接触プレーで左ひざを痛めたのか。3分後にMF田坂祐介との交代を余儀なくされた。けがが軽症であることを祈りながらも、中村は登里の闘志を称賛せずにはいられなかった。

「ピンチをしっかり止められるというか、体を張って、たとえファウルでもいいから止めるという姿勢がいま、チームのなかに浸透している。ノボリ(登里)はいい選手だし、チームとしても痛いけど、これで代わりの選手がまた出てくると思うし、とにかく総力戦なので、みんなで戦っていくしかないので」

 序盤戦は最大で12人を数える離脱者が出た時期もあった。苦しい時期をやりくりして戦ってきたからこそ一人ひとりの能力が上がり、万全な選手が多くなったいま現在に相乗効果を与えている。

 その結果としてJ1では首位のアントラーズに勝ち点4差の3位にピタリとつけ、ACLでは2009シーズンのベスト8を上回る、クラブ史上初のベスト4進出へ大手をかけた。

 もっとも、8年前を知る選手は中村と登里、田坂、あとはDF井川祐輔の4人しかいない。まったく新しいチームだからこそ、歴史のすべてを知る15年目のバンディエラ・中村は「いままでとは違ったフロンターレを見せられるのかな」と語ったことがある。

「ただ、まだ半分が終わっただけですからね。まだ何も決まっていないし、向こうのホームで試合もあるわけだから。そのときになったら話せることもあるかもしれないですけど、次がいつなのかもわからないし、その間にルヴァンカップも含めてたくさん試合もあるので。みんなでひとつずつ頑張ります」

 現状への手応えがある一方で、家長らを触媒にしてさらなる化学反応を起こす余地を含めて、伸びしろもまだまだ残されていると感じているからだろう。

 新たな歴史の扉を開ける権利を得た豊穣の秋へ。上手さに泥臭さを融合しつつあるフロンターレの中心で変わらぬ輝きを放つ中村の言葉は、苦難を知る分だけ含蓄に富んでいた。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人