出典:Shutterstock.com

社会人として最低限身につけておきたいもののひとつに、結婚式・披露宴でのマナーがあります。
招待されたら、まず送られてくるのが招待状。たとえ親しい友人であっても、正式な対応をしたいですよね。
今回は、結婚式のマナーで最初に試される“返信ハガキの書き方”についてご紹介します。
 

基本的な返信ハガキの書き方




出典:Shutterstock.com

【裏面】
・招待状に記されている「御(ご)」「芳」の文字を二重線で消す
「御出席」や「御芳名」「御住所」といった「御」の文字(「御芳名」の場合は「御芳」まで)を二重線を引いて消しておきます。ひらがなで「ご出席」と書かれている場合は「ご」に二重線を。
二重線の代わりに「寿」の文字を使う人もいますが、近年では少しやり過ぎな印象を持つ人も。とはいえ、年配者や目上の方にはより丁寧にお祝いの気持ちを伝えるために「寿」を使ってみるのも良いかもしれません。

・出席の場合:「出席」だけを丸で囲み、「御欠席」は全て二重線
出席の場合は、先ほど二重線で消した「御」を避けて、「出席」の部分だけをまるで囲み、「御出席」は全てを二重線で消します。
出席の前後に「喜んで(出席)させていただきます」となるように文字を書き足すとなお丁寧な印象を持たれますが、よほど目上の人でない限りはなくても大丈夫です。

・欠席の場合:おめでたい理由での欠席は理由を添えて
出席の場合とは逆に、「御出席」を全て二重線で消し、「御欠席」の「欠席」のみ丸で囲みます。「残念ながら(欠席)させていただきます」と書き足した方が、残念な気持ちがより伝わって良いかもしれません。
また、欠席の場合はその理由を書き添えるのがマナー。ただし、不幸ごとや病気などの理由は相応しくないので「都合が合わず」などと書くに留めて。出産などおめでたい理由や仕事などの前向きな理由は明確に書いても大丈夫です。

・余白にメッセージを書き加える
必須ではありませんが、余白の部分に「当日は楽しみにしています」「素敵なドレス姿を見るのが楽しみだよ!」など、お祝いの気持ちを込めたメッセージを書き加えると、出席を心待ちにしている気持ちが伝わります。

・句読点(「、」「。」)は使わない
お祝い事の際は、「終止符を打たない」という意味合いから「、」や「。」などの句読点を使わないのが原則。間違えやすいマナーですが、お祝いのメッセージにも使わないように注意して。

【おもて面】・「行」を「様」に書き換える返信先の宛名には「○○ ◇子行」と書かれているので、こちらも「行」を二重線で消して、代わりに「様」を書き足します。忘れやすい部分なので気をつけて。 

招待状、返信の期限は?




出典:Shutterstock.com

「〜日までに」と書かれているからといって、ギリギリに招待状を返信するのは少しマナー違反です。もちろん様々な事情があるので遅れてしまうこともありますが、できれば招待状を受け取ってから1週間以内をめどに返信するのがベター。期日を過ぎてしまった、あるいは過ぎてしまいそうな場合は、あらかじめ一言断っておくと安心です。
 

筆? ボールペン? 返信ハガキに使用するのは何がベスト?




出典:Shutterstock.com

毛筆で書くのが良いとされていますが、ボールペンでも全く問題ありません。最近では、友達など仲の良い間柄であれば、イラストを描いたりカラフルなペンで可愛く彩っても良いという考えも広まっています。ただし、グレーなど弔事に使用する色は避けて。
 
結婚式の招待状は、本当に正しく書けているのか不安になることも多いはず。ややこしそうに思える招待状マナーですが、慣れてしまえば簡単なこと。社会人として当然知っておくべきマナーとして身につけておきたいですね。