パチューカ所属の本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間22日にメキシコリーグ第6節の試合が行われ、パチューカはベラクルスと対戦し4-1の勝利をおさめた。この試合でメキシコデビューを果たし、出場最初の試合で初ゴールを決めた日本代表FW本田圭佑を、英メディア『ESPN FC』が絶賛している。

 3点リードで迎えた58分、本田は途中出場を果たしメキシコデビューを飾った。61分には右サイドからのクロスをダイビングヘッドで合わし見せ場を作ると、73分にはカウンターから本田が強烈なシュートを放ちゴールを決めた。

 同メディアはタイトルに「見事なデビュー、パチューカの本田圭佑は迅速に適応」とつけ、「本田がメキシコリーグで注目の的になるのは、それほど時間はかからなかった。メキシコの地で最初のゴールを決めたのは登場して15分後。シュートのスピードと精度が完璧。驚異的なプレーだった」と評価している。

text by 編集部