家長への指摘に小林が「それはない」と熱く反論 「川崎で一番走り、誰よりもスプリントする」

写真拡大

浦和戦2得点のエース小林、アシストの家長に賛辞の言葉

 川崎フロンターレは23日、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)ベスト8第1試合で浦和レッズと対戦し、3-1と快勝した。

 この日2得点の活躍を披露したFW小林悠は、今季加入したMF家長昭博の重要性について熱く力説している。

 小林は前半33分、左サイドからのMF中村憲剛からのグラウンダーのクロスを左足で合わせ、ゴール左隅に流し込む先制点を奪った。しかし、2-0で迎えた後半31分、浦和FW武藤雄樹にアウェイゴールを許してしまい、チームは一気に不穏な空気に包まれることになった。

 だが、その雰囲気を打ち消すかのように、小林が再び左サイドからのクロスを高い打点で合わせるヘディング弾を突き刺し、大きな追加点を挙げた。エースにふさわしい大車輪の活躍を披露した小林だが、値千金の2得点目をアシストしたのが、家長だった。

 試合後には記者からの、家長の運動量と守備力がまだ不足しているのではないかという指摘を受け流すと、「いや、そんなことはないです」と、はっきりした口調で反論した。

「トラッキングデータを見ていただければ分かるかと思います。アキ君は今川崎で一番走っていますし、スプリントの回数も誰よりも多い。あれほどの選手が試合に出られない時間が続いて、苦しかったと思いますが本当に我慢して、我慢し続けてチャンスを待った結果が今につながっている」

「ワクワクするような感覚」

「今、アキ君は本当にチームになくてはならない存在ですし、パス交換一つ見ても、本当に合ってきたなと実感しているし、ワクワクするような感覚が増えてきている」

 小林は普段以上に熱のこもった口調で家長の重要性を強調し、「今日のアシストの場面も、僕に合ったような滞空時間の長いフワッとしたボールを選んでくれて、あとは決めるだけでした」と、浦和戦における家長の活躍に賛辞を添えた。

「アキ君がチームに入ってきたことで攻撃が明らかに活性化されていると感じている」。小林は力強くそう締め括った。家長はリーグ戦でも直近の2試合で先発出場を果たしており、鹿島戦は終了間際の交代、札幌戦はフル出場と、起用法だけを見てもその存在感が輝きを増していることが分かる。

”川崎の家長”がいよいよ本領を発揮し始め、小林が言うように「ワクワク」は増すばかりだ。

【了】

城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images