政治家や芸能人の不倫疑惑報道が相次ぐ中、「一線は越えていない」という言い回しが大きな注目を集めています。

 元SPEEDで自民党の今井絵理子・参院議員と神戸市議の不倫疑惑で飛び出した「一線は〜」はその後、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さんによる、複数女性との不倫疑惑にも引き継がれ、「今年の流行語大賞か」の声も上がるほどに。先日は、お笑い芸人のとにかく明るい安村さんがイベントで、昨年持ち上がった自身の不倫疑惑について「僕は二線越えましたけど」と発言したことが話題となりました。

 この「一線は〜」の「一線」とは何を指すのか――。オトナンサー編集部では、恋愛と法律それぞれの専門家に聞いてみました。

ほとんどの人が「アウト」と思っている

 恋愛マスターのみほたんさんによると、恋愛において「一線を越える」とは「性行為に及んだかどうか」です。しかし、浮気や不倫の場合は「人に言えないこと」をした時点で「一線を越えたといってよいでしょう」(みほたんさん)。

 みほたんさんの、今井さんについての見方はこうです。

「『一線は越えていない』つまり『性行為はしていない』と言いたいのでしょうが、相手の男性の妻からすれば、新幹線で手をつないで寝ている時点で不快ですし、報道を見た人のほとんどが『アウト』と思っている以上、一線は越えていると言えるでしょう」

 また、宮迫さんについては以下のように話します。

「一線を越えています。『断られてふて寝した』という弁解が真実だったとしても、同じ部屋にいて行為に及ぼうと誘うということは、体を密着させたり触ったりしていると思われますから」

「不法行為」と「不貞行為」

 それでは、法律上の「一線」とはどのようなものでしょうか。

 アディーレ法律事務所の鮫島玲央弁護士によると、浮気や不倫をした夫や妻に慰謝料を請求できる基準は、浮気や不倫が「不法行為」にあたるかどうかだといいます。

「不法行為の典型例は性交渉です。ただし、必ずしも性交渉だけが不法行為として違法性を持つわけではありません。性交渉に類似した行為でも『不貞行為の存在と同視すべき不法行為』に該当するとされ、慰謝料が認められたケースもあります」(鮫島さん)

 たとえば「キスをした」「一緒に入浴して体に触れた」「ラブホテルで一緒に過ごした」などが不法行為にあたるとして、慰謝料が認められたこともあるそうです。

 また、夫(妻)の浮気が原因で離婚したいという場合、浮気が離婚原因として認められるかどうかは「不貞行為」の有無によります。

「性交渉があれば不貞行為にあたり、離婚原因となりえます。しかし、性交渉に類似した行為であっても、内容によっては『婚姻を継続しがたい重大な事由』に該当し、離婚原因となる可能性が十分にあります」

「相手の男性を離婚させる作戦」

 今井さんと宮迫さんが法律上、一線を越えていたかどうかは「本人のみぞ知る」ですが、みほたんさんは2人の弁解について、こう話しています。

「今井さんは、新幹線で手をつないで寝ているところやホテルのガウン姿を撮られているのは無防備極まりなく、内心は『もうバレてもいい』と思っていたのではと勘ぐってしまいます。相手を離婚させようとする作戦だったのかもしれません。宮迫さんは『そういう気持ちはあった』など、限りなく黒に近いことは認めつつ、『やってません』と最後まで言い続けてくれてよかったです。本当のところは2人にしかわかりませんから」

(オトナンサー編集部)