V6の岡田准一が出演

写真拡大

8月23日に放送された「ホンマでっか!?TV 夏の超ぶっちゃけ祭り」(フジ系)で、岡田准一がアイドルと役者の葛藤を赤裸々に打ち明けた。

【写真を見る】加藤綾子、入社半年で“アナウンサーを辞めよう”と異動願い出していた

岡田は“役に入り込むと他のことが何もできなくなる”という、役者ならではの悩みを告白。

ジャニーズのアイドルという印象が強いため、誰よりも役に没頭する必要があり、死ぬ気でやらないと認めてもらえない、と考える岡田。ところが役に入り込みすぎて、大事な人を失うといった“役に起こる辛い体験”に耐えきれなくなり、ノイローゼ気味になってしまうことを明かした。

これを聞いた明石家さんまは感心するあまり、「役者としてもすごいわ!お前、V6辞めろ(笑)」と発言。つられて笑ったことで緊張が解けたのか、それまで下を向いて言葉を探しながら説明していた岡田はようやく顔を上げ、「なんかこう歩いてて、うわーって泣けてきちゃうみたいなのって、もう病気じゃないですか(笑)」と明るい口調に戻った。

求められるものに応えたい役者としての自分と、V6を大事にしたいアイドルとしての自分が両立するよう、自らを追い込んで高みを目指す岡田。しかし、そこまで追い込んだ先にどんな目標があるのかと問われると、「僕、あの…達人になりたいんです。これ言うと絶対笑われるんですけど」と気恥ずかしそうに打ち明けた。

60歳頃に人間として完成した“達人”になることを目指しているため、今の自分はまだまだ未完成だと語る。そんな岡田に対して評論家らは、常に気を張ろうとせず、心に余裕を持ってメリハリをつけることを提案。

また、不調の際は無心になって格闘技の練習をするという岡田の発散系リフレッシュ法も、体力が衰えていく今後は、釣りや読書などの癒し系リフレッシュ法へ転向していくことを勧めた。

次回は9月6日(水)夜9:00より放送予定。