学生の窓口編集部

写真拡大 (全11枚)

憧れの観光地、スウェーデン。おとぎ話の国のようなカラフルできれいな街並みや、洗練された北欧デザインでも有名ですよね。そんなスウェーデンに憧れを抱きつつ、実は観光地については詳しく知らない……なんて人も多いかもしれませんね。そこで今回は、スウェーデンに行く前に知っておきたいおすすめ観光地をご紹介します。


■スウェーデンの治安

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

スウェーデンは、北欧最大の国でノルウェー、フィンランドを隣国に、海峡を挟んでデンマークと向かい合っています。経済回復を受けて失業率も低く「ヨーロッパの日本」と言われる位人々は規律正しく、人を立てて前に出すぎない国民性を持っています。

他のヨーロッパの国々と比べて治安はよく、置き引きやすりなどに気を付ければ安全に旅行できると思います

ただし、スウェーデン各地で行われる音楽や芸術イベント、例えば12月のノーベル賞授賞式、5月のストックホルムマラソンなどはたくさんの国から人が集まるため周囲の状況に踊らされることなく過ごすことが必要です。

■時差

日本とスウェーデンの時差は8時間で日本のほうが進んでいます。サマータイムも導入していますのでその期間は時差マイナス7時間となります。大使館やスウェーデン政府が発表するサマータイム導入日を確認して旅を楽しみましょう。

■スウェーデンまでの飛行時間

スウェーデンも日本からの直行便はなく、ヨーロッパの主要都市からの経由便を選ぶ必要があります。コペンハーゲン、フランクフルト、ヘルシンキなどからスカンジナビア航空やフィンランド航空などを利用して入国しましょう。時間はおよそ12時間半〜15時間をみましょう。

フィンランドの空の玄関口はストックホルムアーランダ国際空港ですが、ヨーロッパ周遊旅行を計画されている場合は、列車で入国することもできます。シェンゲン協定により、北欧4カ国(ノルウェー・デンマーク・フィンランド)からの移動時は入国、出国審査の必要がありません。

■スウェーデンまでの旅費

スウェーデンの観光といえば、たくさん見どころがありますが首都ストックホルム滞在がおすすめです。ジブリ映画の「魔女の宅急便」の街のモデルが水の都、ストックホルムと言われていますので、その景色、空気を堪能するなら1都市滞在でも満足できるでしょう。

もし、ストックホルムだけを堪能する1都市滞在であれば、5泊7日くらいで、料金は往復航空券だけで10万円〜15万円、プラスしてホテル代(ランクによる)、食事代など加えると20万円〜30万円位を見積もりましょう。

また、スウェーデン旅行の格安航空券、格安ツアーの「とにかく安さ重視」な旅行の組み立ての傾向として、中東系エアライン(エミレーツ航空やカタール航空)をブッキングしている旅行代理店が多く見られます。宿泊ホテルもエコノミーホテル(スタンダードより下のランク)でキャンペーンレートをだしていますので飛行時間、現地滞在時間などをきちんと確認してから予約しましょう。

ヨーロッパ系や日本の航空会社利用のパッケージツアー、2都市周遊、3都市周遊など幅広い組み合わせができる北欧、スウェーデン旅行はあなたの旅の目的をしっかり固めてから予約、情報収集をしましょう。

■スウェーデンの言語

スウェーデン語が公用語ですが、英語が通じます。基礎スウェーデン語として最低限のあいさつや質問の仕方などは覚えたいところです。こんにちはは「グッ ダーグ」、はい(Yes)は「ヤ」、いいえ(No)は「ネイ」、すみません「ウーシェクタ メイ」などです。

■その他スウェーデン観光する際の注意点

スウェーデンの気候は、比較的はっきりしていて春夏秋冬メリハリがあります。春は日本の冬の初め位なのでフリースなどの防寒具もあった方がよいでしょう。夏は春位の気候のため朝晩は冷え込む日もあるでしょう。11月から3月は平均最低気温もマイナス1〜5度、降雪もありますので防寒具はマストアイテムになります。

細長い国土ですので、ストックホルムとオーロラの見えるアビスコではもちろん平均気温にも差がありますし雪の降る期間も長いでしょう。また、日照時間に日本と差がある白夜は6月〜7月、極夜は12月〜1月です。現地情報をしっかり下調べし、日本から準備をしていくことも、風邪をひかない、体調を崩さず旅をする基本となります。

スウェーデンのおすすめ観光地1.旧市街(ガムラ・スタン)

ストックホルム発祥の地、旧市街ガムラ・スタンは、ストックホルムの観光スポットがぎゅっと集まったかわいい島です。映画、魔女の宅急便のモデルとなった街の1つとも言われ、石畳が続く路地に並ぶ建物は16〜18世紀に建てられ、中世ヨーロッパに迷い込んでしまったようです。じっくり楽しみたいときは、石畳も安心して歩くことができるスニーカーを履いていくことをおすすめします。

街にはかわいい雑貨屋やアンティークショップもあり、大広場に面したカフェ(コッペンはお勧め!)で寒い時期にはホットチョコレート、晴れている日にはテラスで行き交う人を眺めているだけでも楽しめるはずです。

スウェーデンのおすすめ観光地2.ストックホルム王宮

ガムラ・スタンの中心に位置し、王室の居城として代々受け継がれてきた建築物「ストックホルム王宮」は歴代国王の王冠や宝石で飾られた剣、王妃が結婚式で着用したドレスなどが間近で鑑賞できる王宮です。宝物の間、国家の間、晩餐会の広間や迎賓館の間など、一部が一般に公開されています。現在、王様は郊外に住んでいますが執務を行使し、世界から訪れる要人の宿泊先として使用されています。

毎日、何度か行なわれる衛兵の交替式(約20分)では、30人を超える鼓笛隊と10人ほどの衛兵が揃う姿が見られ、密かな人気スポットになっています。

スウェーデンのおすすめ観光地3.ストックホルム市庁舎

ノーベル賞の晩餐会が行われることで世界的にも有名な市庁舎は、赤レンガで建てられた立派な建物で、遠くからでもその存在がはっきりとわかります。メラニー湖に映る美しい姿は水の都ストックホルムの象徴だと言われています。

市庁舎の見学は予約が必要で、館内ツアーは言語ごとに時間が決まっていて、残念ながら日本語でのツアーはありません。得意な言語でのツアーに挑戦してみるのも楽しいですね。

ノーベル受賞者がエスコートされて下りてくる階段を下りることができますので、ぜひノーベル賞受賞者気分を味わってみてはいかがでしょう。1,900万枚の金箔モザイクで飾られた黄金の間は、ゴージャスなものが大好きな人にはおすすめです。

スウェーデンのおすすめ観光地4.大聖堂(ストックホルム)

ストックホルム最古の大聖堂は、王室の重要な式典などが行われる由緒ある教会です。高い建物なので、ガムラ・スタンを歩くときの目印にすると便利です。聖ジョージと龍の彫刻など北欧風の芸術品が飾られ、多くの観光客の目をくぎ付けにしています。日本語のパンフレットも用意されているので言葉の心配はいらないですね。

7月から8月中旬には、オルガンコンサートが行われその時期に訪れると、厳かな空気の中でオルガンの音色に包まれます。静かで落ち着ける空間なので、ガラム・スタンの喧騒から抜け出したくなったら、足を運んでみるのもよいですね。

スウェーデンのおすすめ観光地5.ヴァーサ号博物館

ここを訪れる人の多くは、ヴァーサ号という名前を知らない人が多いようです。しかし、「軍艦は想像以上の大きさだった! 絶対行くべき!」と興奮気味に帰って行く人も多いのです。

地下1階から地上6階ぐらいまである館内全てを吹き抜けにし、展示してある巨大軍艦ヴァーサ号は、1628年の処女航海中に沈没し、333年後の1961年に引き上げられました。300年もの間、海で眠っていたヴァーサ号の装飾などが、ほぼそのままの姿で展示されていて驚きです。その迫力をぜひ実際に見て感じてください。人気の博物館ですので、ゆっくりと見学したい人は、開館と同時に入場することをおすすめします。

スウェーデンのおすすめ観光地6.ノーベル博物館

2001年、ノーベル賞100周年を記念して建てられた博物館「ノーベル博物館」には受賞者のメッセージボードや受賞者が博物館に寄贈したものが展示されています。

ミュージアムショップでは、ここでしか買えないスウェーデン土産の鉄板、光り輝くメダルチョコレートを買うことができます。併設されているカフェ、ビストロノーベルでは、晩餐会で出されるデザートアイスを食べるのが定番。アイスには、あのメダルもついているのが嬉しいですね。カフェの椅子には、受賞者のサインが書かれているので、お目当ての人の椅子に座れたらラッキーです。

スウェーデンのおすすめ観光地7.アイスホテル&アイスバー

スウェーデンでアナと雪の女王の世界を体験したいなら、外観だけでなくインテリアの細部まで氷で作られた幻想的なホテルとして有名なアイスホテルをおすすめします。12月初旬から氷を使用して作り始められ、毎年違ったデザインで楽しませてくれます。氷の惑星や氷の龍の住む部屋など、部屋ごとにテーマが決められているのも魅力的です。2016年からは通年を通じて泊まることができるエリアもでき、世界中の観光客を楽しませています。

氷で作ったグラスでアルコールを楽しめるアイスバーも併設していて、見学のみも可能です。一生に一度の貴重な体験になること間違いないなしです。

スウェーデンのおすすめ観光地8.ドロットニングホルム宮殿

王妃の小島という意味のドロットニングホルム宮殿は、国王ヨハン3世が、王妃と夏に過ごすために建設しました。現在は国王とそのファミリーがここで暮らしているため、公開されている場所でも撮影禁止となっているので注意が必要です。

宮殿のあるローペン島へは、市庁舎前から直通のフェリーが運航されていて、1時間ほどで到着します。船上から見ると水の上に浮かんでいるように見えることから、人気のフォトスポットにもなっているので、インスタ映えする1枚が撮れるかもしれません。北欧のベルサイユと呼ばれているのも納得の、気品と美しさをもった宮殿です。

スウェーデンのおすすめ観光地9.H&M HOME

H&Mの本場といえばここスウェーデン。カラフルでモダンな生活雑貨がうれしい価格で手に入るチャンスです。

スウェーデンのH&M HOMEの買い物の仕方は、日本と違ってちょっと変わっていておもしろいです。それはディスプレイされた商品の横には商品写真がついたマグネットがあり、そこから自分の欲しい商品のマグネットをボードにペタッとして会計レジに持っていきます。レジではじめてお目当ての商品を受け取る、という流れになっているのです。日本でも大きな家具などを購入するときに、バーコードのついた紙をレジに持っていくのと似ていますね。

花や木などのイメージが多い北欧風のデザインですが、テキストプリントクッションカバーなど、最近日本で人気の男前インテリアに合いそうなグッズもあるので、本場ならではのグッズを探してみてはいかがでしょうか。

スウェーデンのおすすめ観光地10.大広場

リッダーホルメン島に位置し、王宮のすぐそばに位置する広場は、ストックホルムの中でも最も古い広場の1つと言われ、多くの観光客が訪れます。広場にはカラフルで古風な建物が面し、噴水やベンチがあるので地元の人の憩いの場にもなっているようです。

広場を囲むように多くお土産屋さんが立ち並んでいるので、友達へのお土産探しに足を運んでみるのもよいですね。

また、12月にはこの広場にクリスマス市が出現し、中央には大きなツリーが立ち、かわいい真っ赤な小屋が並び始めます。もちろん訪れた人はテンションがアップしてクリスマスのオーナメントやハンドメイドグッズなどを大量購入してしまうそうです。クリスマス市ではお土産になる様な小物などをチョイスするのもいいですし、期間限定のかわいいグッズを自分用に購入してお洒落度をアップさせるのも良いでしょう。

スウェーデンのおすすめ観光地11.フィンランド教会

ガムラ・スタンの中心部にある教会には、とても小さな有名な人気者がいます。その名もアイアン・ボーイというモニュメントで教会の裏庭にいます。地元では鉄製でできたアイアン・ボーイの頭をなでると幸せになれると言われており、彼の頭はたくさんの人に撫でられたためピカピカに輝いています。

14センチの彼が膝を抱えて座り、高い空を見上げる姿はとってもキュートです。彼に会いに来る観光客は後を絶ちません! 季節によって、手編みのマフラーやニット帽などを身に付けていることがあるので、訪れるたびに新しい楽しみを増やしてくれるスポットとなっています。

地図やガイドブックを見ても迷ってしまう人が多いので、宝探し気分で小さな彼を探しに出掛けてみてはどうでしょうか。

スウェーデンのおすすめ観光地12.ストックホルム市立図書館

世界一美しい図書館として日本でも紹介されているので、ストックホルム市立図書館は知っている人も多いのではないでしょうか。デザインは北欧モダニストの巨匠アスプルンドが手掛け、自習スペースの照明や水飲み場など、デザイン一つ一つがとても美しいので建築物マニアなら一度は訪れてみる価値があります。

ドーム型の天井に360度に配置された三層の書架が展示されていて壁にぎっしりと詰まった本は色鮮やかな壁紙のようです。アニメ、ワンピースが好きなら「オハラの図書館!」と思わずにはいられないのではないでしょうか。でも利用できる図書館なので入場は無料ですが、季節によって開館時間が短いので、注意が必要です。

スウェーデンのおすすめ観光地13.オーレンス・シティ

ストックホルム中央駅の真上にあるデパート「オーレンス・シティ」を紹介します。特にこのデパートの地下2階にあるスーパーマーケットHemkop(ヘムショープ)は、日用品や雑貨が充実していて、お土産を選ぶのにきっと力になってくれる強い味方です。

例えばグミの種類は驚異の120種類で、Ordning&Redaのような北欧風のデザインブランドが多数入っているので、お土産に選べばお洒落に敏感な友達にも喜ばれそうです。地下には無印良品もあるので、定番商品が恋しくなったときには訪れてみてはいかがでしょうか。

普段使いの美容コスメや食品売り場に置いてある紅茶などのパッケージも、日本では見慣れない可愛いデザインのものが多いので、自分用に多めに購入しても旅の思い出になりそうです。

スウェーデンのおすすめ観光地14.ヒョートリエット

セルゲルガータン通りの突き当りにある広場「ヒョートリエット」は色鮮やかな花々や美味しいそうなフルーツであふれる市場で、見て歩くだけでも楽しむことができます。日曜日には蚤の市が開かれて、とても賑やかになります。掘り出し物の北欧ヴィンテージを探しながら、見学すると旅の思い出の逸品と出会えるかもしれません。

広場の南側に面したHotorhaiien(ヒョートハーレン)の地下には市民愛用の市場があるので、地元の人たちの暮らしぶりに触れることもできるでしょう。ここでお勧めなのがフィッシュスープのお店、Kajsa Fisk(カイサス・フィスク)。エビなど具沢山のスープのほか、パンとサラダは取り放題。フィッシュ&チップスなどもあるので、お腹を空かせてから行くとより楽しめること間違いなし!

スウェーデンのおすすめ観光地15.フォトグラーフィスカ

フォトグラーフィスカは2010年に設立されたばかりの写真美術館で、世界的に有名な写真家から新進気鋭の若手の作品までを揃えた、世界的にもスケール大の美術館です。ガイドツアーや講演会、ワークショップなども頻繁に行われているので、旅行中気になるイベントが催されていたときは迷わず参加してみるのがおすすめです。

100年ほど前の工場をリノベーションした赤レンガ造りの館内には、豊富な書籍やレストラン、バルト海が見える大きなカフェもあるので、広い館内を歩き疲れたらほっと一息休憩してみてはいかがでしょう。ミュージアムならではのおしゃれなポスターや写真集をお土産に買い求めることができるので、こだわりのある友達へのプレゼントを選ぶのもいいですね。

フォトグラーフィスカの建つセーデマルムは、若者に人気のエリアでもあるので、おしゃれなショップを散策するのもおすすめです。

スウェーデンのおすすめ観光地16.ゴットランド島のヴィスビー

バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島ゴットランド島にあるヴィスビューは、街中に美しい薔薇が咲き誇り、中世の建築物が多数保存されている人気観光地です。スウェーデンの人達が、人生の一部を過ごしたい島とも言われています。日本からは魔女の宅急便のモデルになった島として有名です。

島で人気があるのが教会廃墟巡り。廃墟といっても、使われている石材が白いことや屋根が抜け落ちているだけで、明るく爽やかな青空教会巡りと言ったほうがいいかもしれません。また、歴史博物館では、ヴァイキングの財宝などを見学することができます。

島には可愛いクレープ屋さんからカジュアルなお店があります。何を食べるのか迷ったときにお勧めなのがBakficka。海鮮スープにとろっとのっているアイオリソースが絶品です。

ストックホルムからはバスとフェリー、飛行機で訪れることができますが、島の空港はとっても小さな空港。お土産を買うショップもないので注意が必要です。

スウェーデンのおすすめ観光地17.ヴェステルロングガータン通り

ガムラ・スタンのメインストリート、大聖堂や宮殿に行くときに目に入る、観光客で賑わう通りがヴェステルロングガータン通りです。細い石畳の通りなので、自動車なども入ってくることがなく、賑やかなお土産屋さんが観光客の目を楽しませてくれます。

夜になると街灯の灯りに照られた石畳の通りが一段と映え、まるで映画のワンシーンのようになります。運が良ければ細い路地で演奏する大道芸人さんに出会えるかもしれませんよ。

通りに立ち並ぶお店には、可愛い雑貨に紛れて、ヴァイキングの角つきヘルメットが売っていたりして、ここはヴァイキングの街なのだなあ、と実感するでしょう。

違ったテイストのグッズが見たくなった時には、通りの突き当りにあるシェップマンガータン通りがお勧めです。落ちついた通りには、北欧テイストの雑貨やおしゃれなアクセサリーのショップが多く立ち並んでいます。

スウェーデンのおすすめ観光地18.ユニバッケン

ストリーブックトレインに乗り、奇想天外な世界へ出発しましょう。ムーミンや長くつ下のピッピ好きにはたまらないスポットです。ごたごた荘を木造で再現したものがあり、リンドグレーンの世界を体験することができます。なぜかミーが屋根に上るムーミンハウスもあり、ムーミン谷が再現されています。日本語のナレーションもあるので安心です。年間1,500ものショーを上映しているチルドレンシアターは大人でも楽しめる内容になっているので、公式サイトでスケジュールのチェックをしてから行くのがお勧めです。

レストランでは、オーガニックの紅茶やコーヒーが楽しめます。ここからの風景を見るために訪れる人もいるほど、テラスから眺めるニーブロ湾は素敵すぎて感動を通り越してしまいそうです。

スウェーデンのおすすめ観光地19.カフェギレット

せっかくスウェーデンに来たなら一度は地元の家庭料理を味わってみるのはどうでしょう。ガラム・スタンにあるカフェギレットは、にしんのフライパン焼きやトナカイの肉などとにかくメニューが豊富。日本語メニューもあり、店員さんも親切なので、いきなり伝統料理はなあ、という人にはおすすめのお店です。

魚料理などが苦手な人には、具沢山のグラタン風オニオンスープやサンドイッチなどのメニューもあるので安心です。デザートのアップルパイはボリューム満点で、1人で完食するのはお腹次第かも。リーズナブルな選べる3種類のランチもあるので、気軽に立ち寄れるお店です。

スウェーデンのおすすめ観光地20.Theodore'Home(テオドール)

ガラム・スタンにある緑色の看板とショーウィンドーに並ぶかわいいぬいぐるみが目印のTheodore'Home(テオドール)。スウェーデンでは、知り合いに赤ちゃんが生まれると、眠るときに握るサイズのぬいぐるみをプレゼントすることが多くあり、このぬいぐるみ達はその中でも人気者。何ともいえない手触りは、赤ちゃんだけなく大人にも人気だそうですよ。

テディベアの数もかなりの数があり、お気に入りの子を見つけるのは時間がかかるかもしれません。店内には可愛い雑貨やスウェーデンの定番、国旗やトナカイのグッズもあるので、タイプの違う友達へのお土産を一度に選ぶ時にもおすすめです。


スウェーデンのおすすめ観光地をご紹介しましたがいかがでしたか? スウェーデンは、ストックホルムだけでもみどころがたくさん! 見逃してしまわないように、いきたいところをしっかりリストアップして計画的に観光を楽しみましょう。


執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。