バレンシアを率いた経験があるパコ・アジェスタラン監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 今月16日に退任したネルシーニョ監督の後任として、J1リーグのヴィッセル神戸がパコ・アジェスタラン氏の招聘に動いているようだ。23日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 今季は高橋秀人、大森晃太郎、田中順也など複数の有力な選手を積極補強し、夏には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキやハーフナー・マイクを加えて戦力を強化している。しかし、成績は思うように伸びず神戸を率いていたネルシーニョ監督が今月16日に退任。後任が決まるまで、暫定的に吉田孝行ヘッドコーチが指揮をとっていた。

 同紙によると、スペイン人指導者のアジェスタラン氏のもとに神戸からオファーが届いているとのこと。同氏は過去にイスラエルのマッカビ・テルアビブやリーガエスパニョーラのバレンシアを率いた経験がある。退任したガリー・ネビル監督の後任として昨年3月末にバレンシアの指揮官に就任するも、2016/2017シーズンは開幕4連敗でスタートし2016年9月に解任されていた。

text by 編集部