チェルシー残留orレアル・マドリー移籍? アザールとジダン、水面下でコンタクト

写真拡大

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、チェルシーの絶対的エースであるベルギー代表MFエデン・アザール(26)獲得を諦めていないようだ。スペイン『Diario Gol』が伝えている。

▽レアル・マドリーは今夏、モナコに所属する怪童FWキリアン・ムバッペ獲得に向けた動きが伝えられてきた。だが、最近の報道によれば、ムバッペ獲得レースにおいて、パリ・サンジェルマンが優位との見方が浮上しているところだ。

▽そういった状況のなか、『Diario Gol』は、アザールとジネディーヌ・ジダン監督がコンタクトを取り続けていると伝えた。アザールの代理人は、ジダン監督に対して獲得に動くよう要請。アザールをお気に入りとするジダン監督も、フロレンティーノ・ペレス会長に獲得をリクエストしたという。

▽だが、ペレス会長は、アザール獲得に難色を示しているようだ。伝えられるところによれば、ペレス会長の今夏におけるターゲットはムバッペ一択。アザールのために、MFイスコやMFマルコ・アセンシオの出場機会が減るのを嫌っているとみられている。

▽アザールとチェルシーの現行契約は、残り3年。足首の負傷でプレミアリーグ開幕から2試合を欠場するなど出遅れているものの、復帰に近づいている。かねてよりレアル・マドリーでのプレーを夢見ているとみられてきたアザールだが、真意はいかに…。