CASH

写真拡大

株式会社バンクは24日、査定を停止していた質屋アプリ「CASH」のサービスを再開すると発表した。

「CASH」は、現金化したい私物をスマートフォンで撮影して登録するだけで、自動的に査定が行われて現金化できるというサービス。6月28日にサービス開始を開始し、初日は7万2796回利用され、総額3億6629万3200円ものキャッシュ化が行われた。これを受け、バンク社は「私たちの想像を遥かに超えたサービス利用」があったとし、開始から16時間34分でアイテムの査定を停止した。

再開に伴い、iPhoneアプリのアップデートを実施し、サービス内容を変更。利用者の1人あたりの1日にキャッシュ化できる金額に上限を付けた。全体では、月間3億円(1日1000万円)程度のキャッシュ枠を用意しているという。また、アイテムをキャッシュ化してから発送までの取引期間を2ヶ月としていたが、これを2週間へ変更。94%の利用者が1週間以内にアイテムを発送していたことから期間を短縮した。