1-3というスコアで第1戦を落とした浦和。第2戦で巻き返せるか。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ACL準々決勝]川崎 3-1 浦和/8月23日/等々力
 
 ACL準々決勝の第1戦で川崎と対戦した浦和は、貴重なアウェーゴールこそ奪ったが、1-3で敗れた。
 
 リーグ戦は2連勝中と勢いが出てきたなかで臨んだ一戦だったが、堀孝史監督が意識したのは「我慢強く戦う」ことだったという。
 
「川崎とやるにあたって相手の中央からの攻撃を防ぎたかった」
 
 そう語る指揮官が選んだシステムは、先週末のFC東京戦でも後半途中から採用した5-3-2だった。
 
 しかし、最終ラインを統率したマウリシオが「システムの変化が一番ダメージになってしまった」と振り返ったように、不慣れな形に選手たちはどこかぎこちないプレーを続けてしまった。その隙を突かれ、30分には中村憲剛と小林悠のコンビネーションから先制点を奪われ、50分にも失点。76分には武藤雄樹が一矢報いたが、85分にも小林にゴールを許した。
 
「もう少し自分たちでボールを持つ時間は長くしたかった。ただビルドアップを含め、なかなか上手くいかなかった」
 
 指揮官が悔いる点に関しては、試合前のアクシデントも影響していた。ウォーミングアップ中に、司令塔の柏木陽介が足の付け根を負傷し、欠場を強いられたのだ。
 
「青木(拓矢)をそこ(柏木のポジション)に入れて役割としては一緒でしたが、選手としてのキャラクターが違うので、その影響はあったと思います。ボールの配給などはやはり柏木とは違った。ビルドアップが上手くいかず、相手にボールを渡す時間が長くなってしまった」と、指揮官は説明する。
 
 アウェーゴールを奪かったからこそ、ホーム・埼玉スタジアムでの第2戦(9月13日)は、「2-0でも良いので、希望と自信はある」(槙野)との見方はできる。もっとも、改善してきた守備面で綻びが出てしまっただけに、ここから立て直すのは簡単なことではないのかもしれない。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
​​​​​​【ACL川崎3-1浦和 PHOTO】ホームの川崎が小林悠の活躍で浦和に先勝!