松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

ノーザントラスト開幕目前、米紙特集「栄光の一年に後悔のページ刻まれたのは事実」

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦ノーザントラスト(グレンオークスC)は24日に開幕する。PGAが発表したパワーランクの格付けでV本命に推されているのが、世界ランク2位の松山英樹(レクサス)だ。今季はメジャー戦線で優勝争いを演じるなど躍進著しいシーズンとなっているが、その中に「1つの大きな後悔」も含まれているという。

「ヒデキ・マツヤマ劇場となったこの一年には、1つの大きな後悔も含まれる」と特集したのは、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」だ。

 記事では、フェデックスカップ1位でプレーオフを迎えることは喜ばしいこととしながら、「しかし、自身の履歴書にメジャー大会を書き込めずに終わったことは本人が一番よく意味がわかっている。栄光の一年に、後悔というページも刻まれたのは事実だ」と記している。

 2週間の全米プロゴルフ選手権では「最もその瞬間に近づき、一時は首位に君臨した」と紹介したが、サンダーバックナインで失速し、結局5位で終了。ジャスティン・トーマス(米国)に逆転Vを許し、日本人初のメジャー制覇の偉業をあと一歩のところで逃していた。

「後悔」を乗り越え、松山に滲む決意「あの場所で学んだものを次のメジャーに…」

 ノーザントラスト開幕を控える今、記事では松山が歴史的なチャンスを得たことを振り返り、こう語っている。

「僕は全米プロで本当にうまくプレーできた。最大のチャンスも得た。残念なことに、僕の調子の良いプレーをさらに超えたプレーをジャスティン・トーマスが披露したということに尽きると思います」

 最終的にトーマスの神がかり的な追い上げに屈した。しかし、この経験を無駄にするつもりは微塵もないようだ。

「僕は本当に全米プロを勝ち取ることを願い、祈って、全身全霊を注いだ。願わくば、この経験を糧にしたい。あの場所で学んだものを、次のメジャー大会に生かしたい。そして、願わくば最初に迎えるメジャー大会でそれを示したい」

 このように話し、来季のメジャー初戦マスターズに向け、決意を語った松山。「後悔」を乗り越え、来季はさらなる「マツヤマ劇場」を演じる。ノーザントラストから、その足掛かりをつかむための戦いは始まっている。