災害時などに使える知識をTwitterで配信している、警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai)。お湯がない時の『カップ麺の食べかた』を投稿し、注目を集めています。

災害時はカップ麺が手元にあっても、お湯を用意するのが難しいという状況も考えられます。

しかし、熱湯がない時には、『水』だけでもカップ麺が作れるというのです!

作りかたは、チキンラーメンやカップヌードルなど、麺に味がついているタイプのカップ麺に水を注いで15分待つだけ

カップ麺は熱湯を使って調理するのが、基本の作りかたです。水だけで、本当に食べられるのでしょうか…。

確かめるべく、『水で作るカップ麺』を作って食べてみました!

水だけでカップ麺、果たしておいしいのか?

買ってきたのは『チキンラーメン』。安定のおいしさを誇る、カップ麺です。

熱湯で作る時と同じく、カップの内側の線まで水を注ぎます。後は15分、待つだけです。

15分後に、ドキドキしながらフタを開けてみると…。

一見すると、しっかりできあがっているようです。箸を入れてみると、溶き卵は崩れるのですが、麺はまだ固さが残っていました。

意を決して口に入れてみると、固さが残る麺がパリパリとしていて、ほどけた麺との食感の違いを生み出しており、新しい美味しさ!

ご飯を食べているというよりは、おやつを食べているような感覚です。

チキンラーメン本来のおいしさには負けますが、「これはこれでアリ」という感想がうなずけるものになっていました。

災害時には熱湯が使えないことがあるため、「カップ麺は非常食として使いにくい」という声も聞きます。しかし、この方法を知っていれば、災害時にも安心してカップ麺を楽しむことができそうです。

[文・構成/grape編集部]