ユナイテッド関心報道のバルセロナMFアンドレ・ゴメスが退団希望 中盤補強目指すクラブに不満か

写真拡大

▽バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)が、クラブに退団の意思を伝えたようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

▽2016年7月にバレンシアからバルセロナに加入したアンドレ・ゴメスは昨シーズン、公式戦47試合に出場。先発回数こそ27回と定位置を確保するには至らず、ゴール・アシスト数もともに「3」と大きなインパクトを与えることができなかった。

▽今シーズンに入っても、ここまでの出場時間は、16日に行われたスーペル・コパ2ndレグのレアル・マドリー戦の72分間のみ。リーグ開幕戦でもベンチ入りはしたものの、出場機会はなかった。

▽現在、ユナイテッドにはアンドレ・ゴメスの獲得に動いているとの報道が複数メディアによって伝えられている。さらに、今回伝えられるところによると、アンドレ・ゴメスがバルセロナに移籍を希望していることを伝えた模様だ。

▽また、アンドレ・ゴメスは現在、ニースに所属するコートジボワール代表MFジャン=ミシェル・セリの獲得に動くなど、クラブが中盤の補強を目指していることに不満を抱いているという。