シャルケからウニオン・ベルリンへの移籍が決まった内田篤人【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

第一報からわずか2日後に発表された電撃移籍

 現地時間21日、シャルケからドイツ2部のウニオン・ベルリンに移籍することが発表された内田篤人。かつてシャルケを率いていたイェンス・ケラーが監督を務めるクラブで復活が期待されるが、今回のベルリン行きは単なる出場機会を求めての移籍とは一線を画す。ルール地方では少なくない人々が惜別の念を抱いており、そのことは内田篤人がシャルケにとって特別な存在であったことを物語っている。(文:本田千尋【ドイツ】)

----------

 ほとんどの“移籍”は電撃的に決まるものだ。ことは水面下で着々と進んでおり、一報が出た時には、大勢は決している場合が多い。

 8月19日付の『ビルト』紙の地方版に、次のような内容の記事が掲載された。決して大きくはない。だが、インパクトは十分だった。

「昨日、彼の代理人と一緒にアツト・ウチダ(29)はマネージャーのクリスティアン・ハイデル(54)と会談した。テーマはこのディフェンダーの未来である。ビルトは知っている:右サイド(カリジュリ、シェプフ、コケ)の激しい競争のために、ドメニコ・テデスコ監督(31)は既に日本人にほとんど出場機会がないことを伝えた。おそらく去るだろう」

 ハイデル氏は「内田篤人が我々のところにやってきて、移籍の機会を申し出た」と説明する。プレシーズンこそ出場機会を得ていた内田だったが、14日に開催されたDFBポカール1回戦のBFCディナモ戦ではベンチ外。

 昨年の12月8日にヨーロッパリーグのRBザルツブルク戦で実戦復帰して以来、右膝の状態が悪化することはなく、コンディションに問題はなかった。よってBFCディナモ戦でのベンチ外は、『ビルト』紙が報じたとおり、内田がテデスコ監督にとって構想外であることを意味した。

 そして21日午後には『ベルリナー』が「決まった!日本人のウチダがウニオン・ベルリンでサインした」と報じる。ウニオン・ベルリンはブンデスリーガ2部所属のクラブ。監督はかつてシャルケで共闘したイェンス・ケラーだ。

 同日付でクラブ公式HPも内田の完全移籍を発表。また、同様にシャルケの公式HPも「記録的な速さでファンのお気に入りとなった」内田のウニオンの移籍を発表した。『ビルト』紙の第一報から、わずか2日後のことである。

シャルケを愛する多くの人たちに惜しまれる離別

 監督のプランに含まれていない選手が、出場機会を求めて他のクラブへ移籍する。フットボールの世界ではごく一般的なことだ。移籍市場のウィンドウが開いている間には、それこそクラスの席替えのように欧州中で選手たちが行き交うことになる。

 ただ内田の今回のケースが、そういったドライな移籍劇と少し違うのは、人々の感情を強く揺さぶっていることだろう。21日付の『レヴィア・シュポルト』電子版は、次のように記している。

「悲しい心、それをこの時代の1人のプロサッカー選手の移籍が残すのだろうか? アツト・ウチダの場合は全くもって確かにそうしたケースだった」 

 ルール地方の地元紙が、内田に惜別の念を抱いていることは間違いない。そしてそれは『レヴィア・シュポルト』に限ったことではないだろう。10年7月に加入して以来、7年間に渡って“ウッシー”の愛称で親しまれた内田。決して少なくはない数のシャルカーたちが、“離別”に「悲しい心」を抱いているはずだ。

 19日のブンデスリーガ開幕節、RBライプツィヒ戦の試合後に、ハイデルGMは「シャルケはアツト・ウチダのような選手を追い出したりはしない。だが、彼が新しいクラブを探す許可を願い出たならば、もちろん彼はそのチャンスを得る」とコメントを残した。

 「アツト・ウチダのような選手」とは、実績や実力だけでなく、ファンに親しまれる人間性を合わせ持ったサッカー選手のことなのだろう。

 こうして内田は、シャルケを愛する多くの人たちに惜しまれながら、ベルリンへ舞台を移すことになった。もう“ウッシー”はゲルゼンキルヒェンの練習場にはいない。ホームのフェルティンス・アレーナで、青いユニフォームを着ることもない。

 しかしシャルカーたちの心の中では、ノイアーやラウールと共に闘ったCL、そしてファルファンとのコンビで右サイドを駈け上がる内田が、永遠に躍動していくはずだ。

(文:本田千尋【ドイツ】)

text by 本田千尋