“主将・吉田”はフル出場も…サウサンプトンが2部に不覚、リーグ杯2回戦敗退

写真拡大

 カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)2回戦が23日に行われ、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンとウォルヴァーハンプトン(チャンピオンシップ/イングランド2部)が対戦。吉田はキャプテンマークを巻いて先発出場した。

 EFLカップからカラバオ・カップと名称を変えた大会。昨シーズンは決勝進出を果たし、マンチェスター・Uに敗れて準優勝に終わったサウサンプトンが初戦に臨んだ。

 サウサンプトンは前半からウォルヴァーハンプトンに押し込まれる場面が多かったものの、失点を喫することなく時計の針を進めていく。しかし、セットプレーからヤン・ベドナレクが放ったヘディングシュートを阻まれるなど、得点を奪えずにスコアレスで前半を終えた。

 すると、均衡が破られたのは67分。先制したのはウォルヴァーハンプトンだった。左CKからダニー・バスがヘディングシュートを決めると、87分にはスルーパスを受けたドノヴァン・ウィルソンが相手GKとの1対1を制し、左足シュートで追加点。2−0でサウサンプトンを破る“ジャイアントキリング”を果たした。

 サウサンプトンは2部クラブ相手に、まさかに初戦敗退。吉田はフル出場だったが、不甲斐ない結果に終わってしまった。

【スコア】
サウサンプトン 0−2 ウォルヴァーハンプトン

【得点者】
0−1 67分 ダニー・バス(ウォルヴァーハンプトン)
0−2 87分 ドノヴァン・ウィルソン(ウォルヴァーハンプトン)