コウチーニョにバルセロナが触手を伸ばす。果たしてリバプールを離れることになるか、それとも…【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

バルセロナ移籍は大きなチャンスだが…

今年の夏はネイマールのパリ・サンジェルマン移籍がサッカー界を席巻した。1人の移籍で動いた金額は驚愕の290億円。毎年のように選手の移籍金は高騰を続けおり、過剰ともいえるインフレ状態は、パワーバランスの崩壊を招く。バルセロナ行きが噂されるリバプールの10番、フィリッペ・コウチーニョの動きは移籍市場の変化といびつな構造を象徴しているようだ。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

---

 インテルミラノ時代の2010年。チャンピオンズリーグ(CL)のトットナム戦でプレーする当時18歳のコウチーニョを見た際に、「インテルには若くていい選手がいるもんだな」と軽いショックを受けたことを今でも覚えている。それまで名前も聞いたことのなかった選手だっただけに、よりインパクトが強かった。特にその視野の広さとパスセンス、ドリブルのうまさが印象的で、将来性の豊かさを感じさせていた。

 だがその後はまるで頭角を現すことなく、少し残念に感じていた。そんな中、2013年1月、冬の市場でリバプールに移籍することが決定。まだ20歳で特大のポテンシャルを持つ選手を850万ポンド(約12億円)という破格で獲得したリバプールは、最高の買い物をした。とはいえ、実際にはこの時点でコウチーニョはイングランドで無名の存在だっただけに、別段大きく取り上げられることもなかったのだが……。

 そしてあれから4年半が経過。25歳になったコウチーニョはチームの大黒柱に成長、ファンの一番人気の選手となった。昨季途中の1月には週給15万ポンド(約2100万円)で2022年まで契約を更新し、記者会見では「この契約は、僕がリバプールで幸せを感じている証明だ」と公言。さらにこう続けた。

「契約を延長できて非常に光栄だ。すべてのクラブ関係者、サポーターたちは、右も左もわからなかった僕のことを大歓迎してくれた。ユルゲン(・クロップ)も素晴らしい監督で、彼は勝者でもある。クラブにはとても感謝しているし、この街を我が家だと感じ、僕らもその一部になっていると認識している」

 しかしそのわずか7ヶ月後、バルセロナがコウチーニョ獲得を打診する。ネイマールが2億ポンド(約290億円)でパリ・サンジェルマンへと移籍し、その代役の1人としてこのブラジル代表に目をつけたというわけだ。だがリバプールは7200万ポンド(約101億円)、さらに2度目の9000万ポンド(約126億円)のオファーも跳ね返す。そして今月11日。渦中の本人は、トランスファーリクエストを提出して移籍したい気持ちをクラブ側に正式に言い渡した。

 現在のサッカー界で、誰もがプレーしたい考えるがクラブが2つだけ存在する。言うまでもないが、それは当然レアル・マドリーとバルセロナだ。このスペインの2強から声をかけられる、それは選手にしてみれば、もしかしたら二度とないかもしれない千載一遇のチャンスといっていいだろう。

移籍市場は空前のインフレ状態。サッカー界のパワーバランスにも変化

 それだけに、識者の中には移籍に賛同する声も少なくない。『BBC』で解説者を務めるジャーメイン・ジェナスは「リバプールが選手を成長させた部分も大きいが、コウチーニョもクラブのためによくやった。今回のバルサからの申し入れは、選手にとってだけではなく、クラブにとっても破格のオファーなのだから、移籍させてあげるべきだ」という。

 一般企業でもあり得る話ではないだろうか。つまり、次のような内容だ。

「コウチーニョさんが現在務めるA社は国内の一流企業。彼はA社の敏腕社員。最近昇進し、1月には給料も大幅にアップして順風満帆。しかしその半年後にリクルーメント会社から『世界を相手にする“超”一流企業のB社があなたに興味を示している。待遇は、現在よりもさらによくなるはずです』と連絡が入った。リスクもあるが、これまでに得られなかった成功を遂げる可能性もB社ではある。さて、コウチーニョさんはどうすべきでしょうか?」

 答えは簡単に出るはずだ。普通の会社であれば、辞表を提出すればその1ヶ月後、もしくは契約によっては3ヶ月後には辞められるはずだ。業種によっては6ヶ月後ということもあるかもしれない。いずれにしろ、辞表は受け入れられる。そしてリバプールを所有するフェンウェイグループのオーナーが発表したような「絶対に移籍はない」というような、声明文を出されることも決してないだろう。

 無論、サッカーの世界は異次元の空間だ。ファンが納得いかないのも分かるし、昨今は選手の持つ力が大きすぎる、代理人の影響力が強すぎるという議論もよく耳にする。実際、代理人が操作する状況の現在の移籍市場では、空前のインフレが起きている。

 プレミアの全クラブは、莫大な放映権料を受け取るという背景もあった。しかしながら、昨季までトップレベルの選手獲得に要するのは3000〜4000万ポンド(約42億円〜56億円)が相場で、そのさらに上をいく選手には5000〜6000万ポンド(約70億円〜84億円)の移籍金が支払われる構図だった。しかし今夏はその額が一気に倍、もしくは3倍に膨れ上がった。

リバプールは“最終オファー”を無視。コウチーニョ退団の可能性は…?

 例えばマンチェスター・シティがウェストブロムウィッチからDFジョニー・エバンスを獲得するためには、最低2500〜3000万ポンド(約35億円〜42億円)が必要とされている。確かにCBはタレント枯渇が著しい。とはいえ、中堅クラブに所属し、わずか3ヶ月後には30歳となる“一介の”DFを獲得するのにこれほどの金額を必要とすることは、昨年まではなかった。フットボールバブルが弾けるのはそう遠くないと考えてしまうのは、筆者だけではないはずだ。

 選手の持つ力に目を向ければ、現在のプレミアリーグではサウサンプトンのフィルジル・ファン・ダイクが移籍を志願してクラブ側から干されている状況だが、セインツが代役の獲得に成功すれば、本人の希望が叶って放出されるのが既定路線だ。

 一方、レスターのリヤド・マフレズは同様に移籍を申し入れたものの、クラブ上層部、そして監督と対話したうえで、今もレギュラーとしてプレーしている。クラブ側が満足するオファーがあれば移籍を容認するが、見返りとして「プロフェッショナルの意識を持ち、プレーしてくれと話した」とクレイグ・シェイクスピア監督も先日の試合後に説明していた。今のサッカー界は選手と代理人の力が絶大なのである。

 話をコウチーニョに戻そう。先週、懇意にしている地元紙『リバプール・エコー』のリバプール番、ジェームズ・ピアース記者に連絡したところ、「今夏のコウチーニョの移籍はおそらくないだろう」と予想していなかった回答をもらった。ただその時は理由を教えてもらえなかった。

 だが21日の月曜日、同紙に掲載された彼の記事を読んで、その内容が分かった。ピアース記者はクラブ内部にも精通するローカル紙のリバプール番なだけに、信ぴょう性が高いと個人的には考えている。そしてその記事の内容はこうだ。

 バルセロナは先日、“最後のオファー”という名目で1億1800万ポンド(約165億円)の特大のオファーを出した。しかしその内訳は、8200万ポンド(約115億円)を4回の分割で支払うが、残りの3600万ポンド(約50億円)はもしコウチーニョがバロンドールを獲得したり、CLで優勝したときのみに支払われるといった内容だった。

 つまり、基本金は8200万ポンドのみ。さらに、バルセロナがリバプールに与えた猶予はわずか48時間だった。またバルセロナには、ルイス・スアレス獲得時の返済がまだ残っているといい、これらすべてを検討した結果、フェンウェイグループはバルサが設定した20日の午後6時という返答期限を完全に無視することにしたのである。

リバプールが示したいメッセージ。移籍志願者の立場は…

 フェルナンド・トーレスに始まり、ルイス・スアレスやラヒーム・スターリングなど、最近は「売る側」のクラブとしての印象が強くなっていたリバプール。まだ移籍市場がクローズするまで1週間強が残っているだけに、完全にエース流出の危機から脱却したわけではない。だが8月下旬のこのタイミングで移籍を容認し、新たな選手を獲得するのは非常に困難だ。

 リバプールはコウチーニョの移籍を頑として許さないだろうというのが一般的な反応で、さらにバルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)も「コウチーニョの契約には違約金の条項がないため、状況は厳しい」と『スカイスポーツ』でコメントしている。加えて、もし1週間持ちこたえることができれば、欧州の他のクラブに「自分たちはセリングクラブ(選手を売るクラブ)ではない」とメッセージを送ることができるはずだ。

 となると、残される課題は、コウチーニョをどのように再びチームに取り込むかである。ピアース記者によると、代理人のキア・ジョーラブチアンの助言などもあり、移籍志願をした際には「もう二度とリバプールのシャツを着てプレーしたくない」という内容もクラブ側に伝えられたという。

 選手本人としては自分の決意を示したい気持ちもあったのかもしれないが、記述のとおり、わずか7ヶ月前に話した内容とは大きく異なる。さらに言えば昨季終了時点でもリバプールに満足していたことを考えると、コウチーニョの本意ではないだろうとクロップ監督を含めた、クラブ上層部は考えるはずだ。

 さらに来年夏にはロシアW杯も控えている。選手にとってW杯の前年は非常に重要なだけに、駄々をこねて、試合に出場しないのは得策とは言えない。

 果たして移籍市場の閉幕時点でコウチーニョはリバプールの一員であるのか。それとも、自身が幼いころに憧れていたロナウジーニョ同様にスペインへ移籍して、現代フットボーラーの夢であるバルセロナ加入が叶うのか。残されたのはあと8日間だ。

(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

text by Kozo Matsuzawa / 松澤浩三