シャルケのベネディクト・ヘーベデス【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスがシャルケのドイツ代表DFベネディクト・ヘーベデスに興味を持っているようだ。23日付けの独メディア『spox』が報じている。

 同ディアはユベントスがシャルケのクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)に対し29歳のヘーベデスを3年契約・年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で今夏に獲得したい意向を伝えたとしている。

 先日、独紙『レヴィア・シュポルト』でシャルケのクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)は「もし選手が出て行きたいのであれば私は選手の希望を尊重する。しかしベネは何も言ってきていない」と退団の可能性を否定した。しかし現地時間19日に行われたブンデスリーガ開幕戦RBライプツィヒとの試合で出場機会はなく、ドメニコ・テデスコ監督からキャプテンマークはく奪を言い渡されたこともあり今夏に移籍の噂が流れている。

 現地時間21日にシャルケは日本代表DF内田篤人をドイツ2部ウニオン・ベルリンに放出した。内田のシャルケ退団を多くのファンが惜しむなか2001年からシャルケ一筋でプレーするヘーベデスもクラブを去ることになるのだろうか。

text by 編集部