「学校の勉強って、将来なんの役に立つの?」

もし子どもにそう問われたら、どのように答えるべきなのでしょうか。

NORA(@nora912)さんのツイートに対して、多くの人が「その通りだ」と共感しました。

中高生のみんな、勉強がんばれ

NORAさんは、こう語る社会人を何人も目にしてきたのだそうです。

「学校で習ったことなんて、社会に出てなんの役にも立たない」

彼らがどういう人物かというと…。

まともな文章が書けない。簡単な確率の計算ができない。日本の政治制度の知識がない。疑似科学にあっさりだまされる。

「勉強したことが役に立たない」といっている人たちは、「勉強をしてこなかった」人たちなのでしょう。

大人になり、社会に出ると「子どものころは何の役に立つんだろうと思っていたけれど、まさかここで使うなんて」とハッとするシーンに出合うことがあります。

勉強していなかった人は、それに気付くことすら難しいのです。

もちろん、職種によっては学校で習ったこととはほど遠い仕事をするケースもあるかもしれません。

その時も、「学校の勉強をした」経験は必ず活きるでしょう。

NORAさんは、こう最後につづっています。

中高生のみんな、格好悪い大人にならないために勉強がんばれ。

[文・構成/grape編集部]