ミレニアル世代の女性起業家「マムプレナー」に最適な仕事

写真拡大

「マムプレナー(mompreneur)」とは、「母親と起業家の役割のバランスを取ろうとする女性」を指す造語だ。

デジタルマーケティング関連の情報に特化したブログメディア「DIGIDAY(ディジデイ)」によれば、米国で昨年出産した女性およそ150万人のうち、90%近くはミレニアル世代が占め、その割合は10年前と比べると、50%増えている」。

この女性たちは長期間にわたって教育を受け、卒業後のおよそ50年間にわたってキャリアを追求していくための準備を整えてきたことは言うまでもない。その彼女たちが、フルタイムで母親の役割に専念するか、仕事をするかを選択しているのはなぜなのだろうか。

生まれたばかりの子を持つ母親たちの多くは、仕事に関する希望はどのようなものであれ、持つこと自体が自分勝手なことのように思えてしまうという。さらに、キャリアに関する夢を語れば、最も信頼している家族や友人たちからでさえ、批判を受けるのだという。また、出世の階段を上るミレニアル世代の女性たちの多くは、背中に赤ちゃんを背負ってその階段を上ることを受け入れない企業で働いている。

女性たちは、そうして厳しい決断を迫られている。だが、現代の世界には、企業世界を捨てて「マムプレナー」になるという新たな選択肢も生まれている。

母親たちに最適のビジネス

母親たちはビジネスウーマンとしての、そして家計のニーズも同時に満たすための自らの可能性を探るべきだろう。母親としての役割を果たしながら手掛けることができる仕事は数多くある。小規模企業向けの融資を行う米ファンデラ(Fundera)によると、お勧めの仕事の中には次のようなものがある。

・ ソーシャルメディア専門家

ソーシャルメディアは小規模ビジネスの多くを後押しするものとなることが分かっている。そして、ミレニアルの大半はこの新しいデジタルメディアに精通している。専門家としての仕事を始めるにあたって新たに知る必要があるのは、ソーシャルメディアをクライアントにとっていかに効果的なものにするかという点だけだ。

また、この仕事のいいところは、子供が寝た後の午後10時ごろにパジャマ姿のままでもできるということだ。

・ ライター

文章を書くことが得意なら、その才能を使うことができる仕事は数多くある。現在の新たな経済においては、ライターの大半はフリーランサーだ。まずは、人気のあるブログサイトなど、収入を得る方法があるものを探して連絡してみることだ。自分のブログやポートフォリオサイトを作成し、読者を獲得していくこともできる。

同様に活動できる分野の仕事には、編集者や翻訳者、コピーライターなどもある。自分のスキルに合ったものを選び、始めてみよう。

・ フォトグラファー

誰かの大切な家族のイベントを、写真を通じて手助けをすることもできる。オンラインの世界は、ソーシャルメディア上で共有したり、ウェブサイトに掲載したりする画像へのニーズを生み出した。

結婚式や卒業式のアルバムをデジタルで作成したり、家族の大切なイベントのデジタルブック作りを手伝ったり、クライアントの自宅にある古い写真をまとめ直してキャプションを付けたりすることができる。子供が学校に行っている間にできるビジネスだ。

・ バーチャルアシスタント

近所に住むクライアントのために、食料品店で買い物をしたり、ドライクリーニング店で衣類を預けたり受け取ったりすることができる。また、離れた場所にいるクライアントのために、休暇の予定を立てたり、病院の診察や劇場のチケットの予約を取ったり、大学に関する調べものをしたり、さまざまなことの代行を請け負うのがバーチャルアシスタントだ。

複数のクライアントのために同時に働くことができるため、収入を得るという点で素晴らしい仕事になり得る。

マムプレナーたちの今後

キャリアを重視するミレニアル世代の母親たち(間もなく母親になる女性たち)は、仕事と子育てを両立させようとすることへの罪悪感に打ち勝たなくてはならない。同時にどちらもこなすことは可能であり、重要なのは、自分自身の生活を自分で設計することだ。