その美しさに感動! フラワーゼリーケーキとは!?

写真拡大

ちょっとした手土産やプレゼントの定番といえばケーキ。ケーキには様々な種類が存在するが、家族や友人、大切な人には、見た目にも味にもこだわった、心を込めた手作りケーキを渡したいものだ。そんな時、「教えて!goo」で「日持ちする手作りケーキ」という質問を発見。どのようなケーキが紹介されているのか気になったので、回答をのぞいてみることに。

■ カップケーキよりもゼリーケーキを!

質問者のsasahara_0さんは、大阪から東京までの移動時間に持ち歩いても悪くならない手作りケーキはありますか?と投げかけている。それに対して、「カップケーキ、パウンドケーキなら生ケーキよりは日持ちします。持っていく時は、しっかり冷凍して、保冷バッグやクーラーボックスに入れてドライアイスか保冷剤でしっかり冷やします」(あまなつさん)や、「今流行りのNY風カップケーキがいいんじゃないでしょうか。生クリームは使わずにバタークリームで飾りつけをします」(youcanchanさん)などの回答が見られた。さらに調べてみると、持ち歩きにも便利そうなフラワーゼリーケーキというケーキを発見!
どのようなケーキなのか知るべく、スィーツアーティスト・ケーキデザイナーのMammysweetsart代表、田邉美佐紀先生に取材を申し込み、フラワーゼリーケーキの作り方を教えて頂くことに!

■ 意外とシンプルな作り方!

今回作るお花は、ひまわり。用意するものは、注入器、ゼリーナイフ、スポイト、黄色いカラーゼリー、茶色いカラーゼリー、サイズリング、ベースゼリーである。作り方は、まず、テンプレートの上にベースゼリーをセットし、リングを使って、中央にしるしをつける。茶色のゼリー液を入れたスポイトでリングの中に花芯を刺す。次に、ゼリーナイフをベースゼリーに潜らせるようにして花びらを掘り黄色いカラーゼリーを注入する。最後に、花芯に色を足して調整すれば完成だ!詳しい作り方は動画でチェック!



ニコニコ動画で見る→bit.ly/2weRgOU

■ 食べるのがもったいないケーキ!

今回、田邉美佐紀先生にはひまわりの他にも芍薬のアレンジゼリーとフルオープンローズゼリーも作っていただいた。いずれのフラワーゼリーケーキも、その美しさに圧倒されてしまう。食べるのがもったいない! こんなに美しいケーキをいただいたらと考えると、感動してしまう。ぜひ、大切な人や記念日に、フラワーゼリーケーキをプレゼントしてみてはいかがだろうか。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)