欧州レクサスが9月14日に開幕するフランクフルトモーターショー2017で、「NX」のマイナーチェンジモデル(欧州仕様)を公開すると発表しました。

「NX」は欧州市場で本年上期(1〜6月)に約1.3万台を販売。レクサス販売の約4割を占める最量販車になるなど、2014年の発売以来、スタイリングの良さや快適性、安全性などでレクサスの世界的な売上拡大に大きく貢献しています。

新型では、前後のバンパーやラジエータグリル意匠を変更するとともに、ヘッドランプ内意匠を変更。3眼式の超小型LEDユニットを採用することで、よりシャープな印象に改められており、テールランプにもL字を強調したデザインを採用。「RX」に採用された点灯時に流れる「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」を導入しています。

 

また、インテリアでは10.3インチワイドディスプレイや、新型リモートタッチの採用でナビゲーションやオーディオの操作性を向上させています。

 

両手が塞がっている状況でもバックドアを開閉できるキックオープン機能付きパワーバックドアなど新たな装備も採用。また予防安全装備としては「Lexus Safety System +」を新採用しているのも見逃せません。

新型「NX」では、2.0Lターボエンジン搭載車のグレード名が現行の「NX200t」から「NX300」に変更されることが発表されており、日本でも9月中旬に発売が迫っているようで、リフレッシュされて、より魅力的になるレクサス「NX」に要注目です。

(Avanti Yasunori・画像:LEXUS)

【関連記事】

新型レクサス・LSをトヨタが自動運転車と「呼ばない」理由とは?
https://clicccar.com/2017/07/04/488215/

世界の自動車メーカーが大注目!新型「レクサスLS」の先進予防安全技術
https://clicccar.com/2017/06/27/486364/

新型クロスオーバーSUV「レクサス・UX」来秋量産開始か?
https://clicccar.com/2017/06/18/483586/

レクサス・CTの安全装備強化!2018年モデルを今秋発売へ
https://clicccar.com/2017/06/16/482920/

レクサス・LC500に採用された「摩訶不思議な」テールランプの構造が判明!
https://clicccar.com/2017/05/29/476857/

【関連リンク】

欧州レクサス
https://www.lexus.eu/car-models/nx/#hero

フランクフルトモーターショーで「レクサスNX」のマイチェンモデルが公開(http://clicccar.com/2017/08/24/503687/)