コウチーニョ求むバルセロナ、ついに190億円提示?

写真拡大

『Sky』は23日、「バルセロナは、フィリペ・コウチーニョの獲得に向けて4回目の入札を行う」と報じた。

バルセロナはこれまでリヴァプールに対して3度の入札を行ってきたものの、ユルゲン・クロップ監督はそれを拒否。

先日は1億2600万〜1億3000万ポンド(およそ174.6〜180.2億円)のオファーが即座に断られたと伝えられており、バルセロナにとっては苦しい交渉が続いている。

しかしネイマールの後釜を必要とするバルセロナとしては、コウチーニョはなんとしても欲しい人材。

そこでついにオファーの額を1億3800万ポンド(およそ191.3億円)に増加させ、リヴァプールにアプローチを行うという。

ただ、これについてもリヴァプールは断る方針であるとのことで、まだ売却の可能性はないとのこと。