23日、韓国のインターネット上にこのほど、「米国メディアが評価した強大国ランキング」と題するスレッドが立ち、注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年8月23日、韓国のインターネット上にこのほど、「米国メディアが評価した強大国ランキング」と題するスレッドが立ち、注目を集めている。

スレッド主は米週刊誌「USニューズ&ワールド・レポート」が今年3月に発表した「国力ランキング」を紹介している。

同誌は世界36カ国の政財界の専門家と一般人2万1372人を対象に、軍事力・国際同盟・経済的な影響力・政治的な影響力・指導者に関するアンケート調査を行い、世界の主要国の国力をランク付けした。

1位には軍事力の項目で10点満点中9.6点、国際同盟で10点、経済的な影響力で9.7点、政治的な影響力で9.4点、指導者で9.8点を獲得した米国が選ばれた。2位以下にはロシア、中国、英国、ドイツ、フランス、日本が続いた。日本は軍事力の項目では2.2点と低い評価を受けたものの、国際同盟で7.2点、経済的な影響力で9.6点、政治的な影響力で4.2点、指導者で6.9点を獲得した。

8位以下はイスラエル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、韓国、カナダ、トルコ、イランだった。韓国は軍事力、国際同盟、経済的な影響力でそれぞれ8.3点、5.4点、7.1点と高い評価を受けたが、政治的な影響力と指導者での評価はそれぞれ4.1点、1.4点と他の項目に比べ相対的に低かった。

このスレッドに他のネットユーザーからは「韓国の順位は妥当だね」「全て予想どおり」「韓国は10位くらいだろうと思っていた」とランキングに納得する声が寄せられている。

一方で「韓国の順位が意外に高くてびっくり」との声や、「イスラエル、サウジアラビアが韓国よりも上?経済力以外の項目を重視したのか?信ぴょう性が疑わしい」「サウジアラビア、UAEは過大評価されている」と不満げな様子のユーザーも。

そのほか「国民の幸福度が高い国になってほしい」と主張する声や、「サウジアラビア、UAEは石油の主導権を握っているから順位が高いのだろう」と分析する声も。

また、日本の順位については「思ったより低い」「軍事力の点数が低いのは核兵器がないから」「日本の陸上自衛隊は不正だらけだから」などの意見が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)