国立がん研究センターの会見(写真:共同通信社)

写真拡大

 国立がん研究センターが8月9日、全国の病院別に集計したがん患者の「5年生存率」を初めて公表した。2008年にがんと診断された患者が対象となり、国が指定する「がん診療連携拠点病院」209施設・21万4469症例もの膨大な治療成績を分析したもので、個別データの公表に応じた188の施設ごとに、主要5部位(胃、大腸、肺、肝臓、女性乳房)の5年生存率が明らかになった。

 がんについての著書が多い、新潟大学名誉教授の岡田正彦医師は「施設ごとの公表は有意義な試み」と評価する。

「これまでも特定のがん専門病院の5年生存率は公表されていたが、全国規模でこれだけ多くの施設の実績が公表されるのは初めてです。膨大なデータを分析したことで、がん治療の実態がより正確にわかるようになったことにも価値があります」

 5年生存率のほかにも、患者の年代や、「ステージ(がんの進行度)」別の患者数、手術の有無なども明らかにしている。調査を担当した国立がん研究センター・がん対策情報センターがん登録センター長の東尚弘氏は、「今回の集計では、患者の年齢や基礎疾患の有無、治療開始時のがんの進行度などを考慮しておらず、各施設における生存率の違いがただちに診療の優劣を示すものではない」と留保するが、「5年生存率」が患者にとって重要な指標であることは間違いない。

 5年生存率とは、「がんと診断された患者が5年後に生きている割合」のことだ。

「多くのがんでは、治療してから5年経過するまでに再発がないと『治癒』と見なされ、それ以降に再発するケースは少ない。そのため、5年生存率はがんの治療効果を判断するための重要な目安なのです」(前出・岡田医師)

 加えて今回の調査では、がん以外の病気や事故によって死ぬ割合を除いた「5年相対生存率」が採用されているため、がん治療成果の実績がより正確に示されているといえる。

 国立がん研究センターが公表した施設ごとの5年生存率の中から、「3大がん」と呼ばれる胃がん、大腸がん、肺がんの全国147施設のデータを抽出してまとめた。データをもとに算出した3大がんの平均値は、次の通りだ。

●胃がん:5年生存率69.5%、ステージIV患者率20.7%
●大腸がん:5年生存率72.8%、ステージIV患者率19.9%
●肺がん:5年生存率39.6%、ステージIV患者率29.3%

 もちろん、病院ごとの数字を見た時に「生存率」が高いことは評価されるべきだが、注意すべきは、「5年生存率が低い病院」が必ずしも「治療技術の低い病院」とは限らないことだ。

 前出の岡田医師は、がん治療の質を見極めるには、「5年生存率」とともに「がんのステージ」が重要だと指摘する。

「5年生存率の低い病院はステージIV(がんが進行し、他の臓器にまで転移している状態)の患者が圧倒的に多く、ステージI(がんはあるものの、リンパ節までは転移していない状態)が少ない傾向にある。末期がんを積極的に受け入れる中核拠点病院ほど生存率が低くなりやすいということです。逆に生存率の高い病院はステージIVの患者が少ないところが多い。こうした傾向を踏まえてデータを読み解く必要があります」

 実際、がんの進行度と生存率の低下が他の部位より密接に関連するといわれている肺がんの場合、147施設のうち最も高い病院の5年生存率は68.9%だが、最も低い病院は13.3%だった。これは治療の優劣というより、どのステージの患者を受け入れたかが影響した結果と考えられる。

※週刊ポスト2017年9月1日号