【詳細】映画の予告編はこちら

12月23日より公開される松岡茉優初主演の映画『勝手にふるえてろ』の予告編とポスタービジュアルが完成した。

原作は、2001年に『インストール』でデビュー、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる妄想力爆発の恋愛小説。十八番とも言える毒舌さえわたる切れ味のいいモノローグで女性のリアルな感情を描いている。

監督は『恋するマドリ』などで、現代の女性を優しい視線で描いてきた大九明子。主人公ヨシカには、映画、テレビに大活躍中の松岡茉優。映画初主演となる本作でコメディエンヌとしての才能を存分に見せつける。

2人の彼氏には、黒猫チェルシーのボーカルであり、役者・映画監督としても独特の存在感を放つ渡辺大知と、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓をたべたい』『恋と嘘』など話題作への出演が続く、人気急上昇中の若手俳優・北村匠海。

さらに、ヨシカを取り巻く共演者に、石橋杏奈、古舘寛治、片桐はいりなど個性的なキャストの競演も見逃せない。

※「古舘寛治」の「舘」は、「舎+官」が正式表記。

作品は、松岡茉優演じる24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(趣味は絶滅した動物をパソコンで調べること)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する……というあらすじ。

2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない……というネジ曲がった乙女心を持った、恋愛に臆病なヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ。ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテインメントだ。

今回解禁となった予告映像は、テクノ音楽に乗せて「えとうよしか、10月生まれ、B型、雪国育ち、一人っ子、彼氏なし、絶滅した動物が好き」という早口な独り語りから始まる。ラブコメなのに、こんなに愛想のない主人公でいいのか? と思った瞬間、乙女モード全開になり「イチ」への片思いを可愛く告白! 「イチ」のことを好きすぎて、ばれないように見つめたい一心で、視野の端で見る「視野見」という技を体得したと得意気に語る、ネジ曲がった恋心を披露する。

そんなヨシカの前に現れるのは、暑苦しい会社の同期の「ニ」。「俺と付き合ってください」という人生初の告白に浮かれるも、ふたりの間で揺れ動いている様子。ひとりに絞りますと宣言した、ヨシカは突然……歌い出す!

「絶滅すべきでしょうか?

ねえアンモナイト、生き抜く術を教えてよ。」

泣いて、笑って、叫んで……心の声を隠さないヨシカの暴走する恋の行方が気になる仕上がりになっている。

そして、ポスタービジュアルも同時に公開。何かを訴えようとするヨシカの強烈な表情に注目だ。





映画情報



『勝手にふるえてろ』

12月23日(祝・土)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊

監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//) 古舘寛治 片桐はいり

配給:ファントム・フィルム

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

※「古舘寛治」の「舘」は、「舎+官」が正式表記。

映画『勝手にふるえてろ』作品サイト

http://furuetero-movie.com/