比嘉に挑戦するトマ・マソン(写真提供・フジテレビ)

写真拡大

 ◇WBC世界フライ級タイトルマッチ 王者・比嘉大吾≪12回戦≫同級6位トマ・マソン(2017年10月22日 両国国技館)

 挑戦者に決まったマソンは欧州フライ級王座などを獲得した27歳のフランス人。身長1メートル70と比嘉より約10センチ高く「リズム感があって、欧州スタイルのボクシング」(具志堅会長)という。

 比嘉は「フランス人ってフランスパンを食べるんですよね。自分はアトピーで以前はフランスパンしか食べられなくて嫌になった」と話して笑わせつつ、「中へ入らないと。パンチをかいくぐって、いいパンチを当てたい」と戦い方をイメージした。