行定勲監督

 嵐の松本潤(33)が23日、都内で映画『ナラタージュ』(10月7日公開)の完成披露試写会に出席。会場外に用意されたレッドカーペット上を歩き、ファングリーディングをおこなった。試写会にはメガホンをとった行定勲監督と女優の有村架純(24)も出席。試写会前には舞台挨拶がおこなわれた。

 『ナラタージュ』は2006年に「この恋愛小説がすごい」第1位を獲得した島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』などの作品で知られる行定監督が映画化。主演を松本が務め、ヒロインを有村が演じる。妻を持つ高校時代の演劇部顧問の葉山(松本)と再会した、泉(有村)との禁断の純愛物語。行定監督が構想に10年を掛けたという渾身の作品。

 今作の主題歌は、RADWIMPSの野田洋次郎(Vo、Gt)が作詞・作曲を手掛け、女性シンガーのadiue(アデュ)が歌う「ナラタージュ」。楽曲について、松本は「観客の心を優しく包み込んでくれるような曲で、とても素敵な曲だと思います」とコメント。

 有村は「アデューさんの歌声が、泉の想いを表してくれているようで、最後うるっときました」と自身の役の気持ちとリンクした楽曲に感動した様子。行定監督は、野田が3曲書いていたことを明かし、「最後に映画を観てこれだというこの曲が素晴らしくて。彼は天才なんでしょうね」と野田の才能に舌を巻いた。【取材・撮影=松尾模糊】