「黒革の手帖」の現場に訪問した福山雅治と主演の武井咲/(C)テレビ朝日

写真拡大

武井咲が“悪女”役で新境地を開拓しているドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)の撮影現場に、主題歌「聖域」を手掛けた福山雅治が激励訪問し、着物姿の艶やかな武井と初対面した。福山は「差し入れでございます」とほほ笑みながら武井に優しく花束を差し出し、ドラマの感想や主題歌制作時のエピソードを語った。

【写真を見る】福山雅治は武井咲に「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と直球質問/(C)テレビ朝日

大きなヒマワリの花束を抱え、クラブ「カルネ」のセットに登場した福山は盛大な拍手に迎えられた。この日が福山と待望の初対面だった武井は「うれしいです。やっとお会いできました」と感激していた。

一方の福山も、着物姿の武井を見て「本物の元子だー、って感じ。ドラマの中では“夜の銀座のスーパースター”なので、現実の人でありながらも、そうでないような…」と、武井の佇まいに感動。実際に「カルネ」のセットでソファに腰掛けた福山は、テーブルの上にあった「カルネ」のロゴ入りマッチなどを興味深そうにチェックする場面も。

さらに出来上がったばかりというドラマ主題歌「聖域」のCDも武井に進呈。楽曲制作の際には、「黒革の手帖」のヒロイン“原口元子”という女性をイメージして作ったと明かす福山は「美しく、したたかで強い女性なのだけれど、どこか弱いところもある。武井さんが実はこんな女性だったら素敵だな、と妄想しながら(笑)書いたんです」と語る。

「回を追うごとに元子とシンクロしていく武井さんの姿もこのドラマの魅力の1つ」と話し、「これは元子だけの戦いじゃなくて、武井さんの戦いでもありますよね」と、役に真摯に向き合う武井をねぎらった。

「福山さんの色っぽさに撃たれた」と初めて「聖域」を聴いたときの印象を語る武井。「今回、役に入る前にすごくプレッシャーがあったのですが、福山さんの曲はそんな私をバックアップしてくれるかのように、元子の“輪郭”を見せてくれました」と感謝し、ドラマになくてはならない存在であることを明かす。

ちなみに福山は、ドラマも毎回楽しみに見ているそうで、アクの強い登場人物たちの中でも特に高嶋政伸演じる大手予備校の理事長・橋田常雄の動向が気になるそう。

ドラマファンならではの感想で、福山が「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と武井に尋ねると、「最終回まで本当にしつこいんですよ(笑)」と、武井は高嶋の“怪演”ぶりが話題の“執念の男・橋田”との今後についても言及した。

なぜか「橋田のことをだんだん応援したくなる」と話す福山は、「周りにいる真矢ミキさん、仲里依紗さんといった女性陣もどこで牙を剥いてくるか分からないので、それも楽しみです」と、期待を口にした。

そして武井も「これまで元子が倒してきた人物たちが復讐(ふくしゅう)にやってきます。皆さんの予想も大きく裏切る展開が待っていますので、ご期待ください」と終盤の見どころを語りつつ、多忙な中“陣中見舞い”に来た福山に「今度は私が福山さんのラジオにお邪魔したいです!」と感謝するとともに、意外な約束を交わしていた。

福山も動向が気になっている橋田が今後どんな手を使うのかも見ものな「黒革の手帖」。第6話では、長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ「ルダン」を買い取る準備を整えた元子は、手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。

長谷川との商談を終え、自宅に戻った元子のもとに中岡市子(高畑淳子)が現れ、楢林謙治(奥田瑛二)から奪った金を返すよう迫る。「何の話だかさっぱり」といつもの調子でとぼける元子に、「あなたが破滅する前にまた来ます」と言い残し、立ち去る市子。

黒革の手帖の眺め、「私は破滅などしない」と自分に言い聞かせる元子だったが、そんな自信を打ち砕くかのように驚がくの事実がもたらされる。先日、橋田理事長から奪ったはずの料亭「梅村」の名義が、元の持ち主である“梅村キミ”に書き換えられているという。

慌てて橋田に詰め寄った元子は、思いもかけない事実を知らされることに。さらに追い打ちをかけるように、元子の自宅に何者かが侵入したようで、荒らされていた。これまで、すべてが順調に進んできていた元子の頭上に初めて暗雲が立ちこめる…。