扇谷上杉家の拠点だった川越城(埼玉県川越市)の本丸御殿(出所:Wikipedia)


 前回(「『関東版の応仁の乱』は約30年も戦っていた」)は「応仁の乱」の関東版こと「享徳の乱」(1455〜1483年)を取り上げました。関東の支配権をめぐって、鎌倉公方(かまくらくぼう=鎌倉府の長官)であった足利成氏(あしかが・しげうじ)と、鎌倉公方を補佐する関東管領(かんとうかんれい)を代々務めてきた上杉家が争った約30年にわたる抗争でした。

 最終的にこの享徳の乱は、上杉派の内部抗争をきっかけに両派が和睦に動いたことで終結します(1483年、都鄙合体)。

 ところがまだ戦乱の空気も冷めやらぬわずか4年後の1487年、今度は上杉家の本家と分家の間で新たな抗争が起こります。今回はそんな両上杉家が激突し、下剋上の様相がより鮮明化していく「長享の乱」(1487〜1505年)を紹介します。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

分家の中で際立つ存在となった扇谷上杉家

 本題に入る前、まず抗争の主役となる2つの上杉家について軽く説明しておきましょう。

 上杉家はその起源をたどると、室町幕府の初代将軍である足利尊氏の従弟に当たる上杉憲顕(うえすぎ・のりあき)に始まります。鎌倉府(室町幕府が関東を統治するために設置。室町幕府の鎌倉支社に相当)が設置されて間もない頃、憲顕は鎌倉公方を補佐する執事(後の関東管領)に任命され、その後も上杉家の一族が代々この職を務めたことから上杉家は関東に土着することとなります。

 長い年月の間に、上杉家は関東管領を代々務める本家「山内(やまのうち)上杉家」だけでなく、いくつかに分家して別系統の一族が立っていきます。その中でも際立つ存在となったのが「扇谷(おうぎがやつ)上杉家」です。

 享徳の乱が勃発した前後の頃は、扇谷上杉家は数ある分家の中でさしたる勢力を持つ存在ではありませんでした。しかし、享徳の乱を通して扇谷上杉家はいくつもの武功を上げていきます。特にその家宰(かさい=家長に代わって取り仕切る人)を務めた太田道灌(おおた・どうかん)の活躍は凄まじく、享徳の乱後期に起こった「長尾景春の乱」で上杉家勢力が窮地に追い込まれた後は、実質的に彼一人の活躍によって形勢を逆転させるに至っています。

 こうした太田道灌の活躍もあって、享徳の乱が終結する頃には、扇谷上杉家は本家の山内上杉家と並び立つほどまでとなります。

 しかし、このような状況を山内上杉家としては面白いはずがなく、結果的に次の抗争の遠因となったわけです。

功臣、太田道灌の突然の暗殺

 享徳の乱の終結後、両上杉家の間でうっすらと緊張感が漂う中、扇谷上杉家の当主である上杉定正(うえすぎ・さだまさ:以下、便宜上「扇谷定正」と表記)は功臣である太田道灌を突如暗殺します。

 扇谷上杉家の大躍進に貢献し、屋台骨のような存在であった太田道灌をなぜ暗殺したのか? 実は当時、この暗殺は「やっぱり・・・」という風に受け取られていた節があります。

 というのも、扇谷定正と太田道灌の主従関係は決して良好なものではありませんでした。特に道灌は「自分の活躍が正当に評価されていない」との不満をあちこちの手紙に書き残しています。挙句には、「扇谷上杉家が躍進したのは自分のおかげ」と公言して憚らず、主君の定正の意見さえも軽んじる有様だったそうです。

 扇谷定正は表向きの暗殺理由を「謀反の疑い」としましたが、実際には、両者の個人関係、そして主を上回るほどの権威を持ち始めた太田道灌への警戒心からの暗殺と考えてよさそうです。

 この名将・太田道灌の暗殺をみて一番喜んだのは、ほかならぬ本家、山内上杉家の当主、上杉顕定(うえすぎ・あきさだ:以下、便宜上「山内顕定」と表記)でした。そして、この暗殺を契機に、本家(山内上杉家)と分家(扇谷上杉家)の緊張はますます高まっていきます。

再び関東は戦乱の坩堝に

 太田道灌の暗殺の翌年(1487年)、両上杉家による抗争「長享の乱」が勃発します。きっかけは、山内顕定が扇谷定正の家臣の領土に進撃したことでした。

 当時の古河公方、足利政氏(足利成氏の子)も、自身の勢力拡大を狙って抗争に介入することを決め、扇谷定正を支援する立場を取ります。

長享の乱の主な対立構図


 両軍は各所で激突します。扇谷上杉軍に太田道灌はいませんでしたが、戦上手だった扇谷定正は数回の戦闘で山内上杉軍に連勝し、一時は本家を飲み込まんばかりの勢力を擁するようになります。

 しかし勝ちを重ねる扇谷定正は次第に驕り始めます。勇名を轟かせていた太田道灌を暗殺したことが他の配下から疑問視されていたこともあり、抗争が長期化するにつれ離反する武将が相次ぎます。当時の家臣が、定正に対して「言動を慎み各方面との和解に努めるよう」求める文書が残っているほどなので、おそらく傲慢ぶりは相当なものだったのでしょう。

 こうした態度が祟ってか、扇谷定正を当初支援していた足利政氏も、途中で支持勢力を山内上杉家に乗り換えてしまいます。こうして扇谷上杉家は、戦闘に連勝しながら徐々に追い詰められていきます。

北条早雲の「伊豆討ち入り」

 両上杉家が関東各地で勢力争いに明け暮れていた中、伊豆では後に関東を支配する北条家の祖こと北条早雲(1432〜1519年)が進撃し、その躍進の足掛かりを築いていました。

 かつて北条早雲は素浪人から大名に成り上がった人物だと思われていました。しかし、近年の研究によると、元々は京都の足利幕府に仕える官僚だったとのことです。

 早雲は、姉(もしくは妹)が今川家当主に嫁いだ縁から、家督を巡りお家騒動に入った今川家の仲裁のために駿河(現静岡県)へ赴き、仲裁を終えると一旦は京都へと戻ります。その後、紆余曲折を経て再び駿河に戻ると、今川氏親(いまがわ・うじちか)の家臣となり、駿河国内で一城を任されるようになりました。

 そんな北条早雲に転機が訪れたのは、まさにこの長享の乱の最中でした。当時、伊豆は堀越公方家の足利茶々丸(あしかが・ちゃちゃまる、足利政知の子)が支配していました。しかし、北条早雲は室町幕府11代将軍の足利義澄(よしずみ)の正式な命令を受けて茶々丸を追放し、この地を征服するに至ります(1493年)。

 この北条早雲の伊豆討ち入りの背景については、足利義澄は茶々丸の異母弟であり、茶々丸によって実母と弟を殺された恨みがあったことと、山内上杉家勢力の多かった伊豆を抑えるため、扇谷定正が手引きしたためだとみられています。これを裏付けるように、北条早雲が伊豆を支配するや、すぐ扇谷定正は山内上杉家に対する同盟を持ち掛けています。

決戦、立河原の戦い

 北条早雲が伊豆を支配するなど周辺状況に変化はありつつも、両上杉家の抗争はその後も長く続きました。この抗争の間、扇谷定正が落馬によって死んだことで扇谷上杉家の当主を養子の上杉朝良(うえすぎ・ともよし:以下、便宜上「扇谷朝良」)が継ぎましたが、その後も山内上杉家とは一進一退の争いが続きます。

 転機が起きたのは、長享の乱勃発から17年後の1504年です。山内顕定が扇谷上杉家の拠点であった川越城(現埼玉県川越市)を攻めていたところ、北条早雲、そしてその背後の今川家の軍勢が川越城を救援するため迫ってきました。迎え撃つのは困難とみた顕定は、川越城の包囲を解いて一時離脱します。

 救援にやって来た北条早雲らと合流した朝良は、武蔵国立河原(東京都立川市)付近で山内顕定と会戦し、山内上杉軍を打ちのめすことに成功しました(立河原の戦い)。

 しかしその後、北条家と今川家の軍勢が帰還して戦力が弱まっていた朝良の軍を、越後守護代であった長尾能景(ながお・よしかげ:上杉謙信の祖父)の援軍を得た山内顕定が急襲します。この急襲を受け朝良は降伏し、長享の乱は終結します。

 扇谷上杉家は要所の戦いでことごとく勝っていながら、最終的には敗北することとなったのは、やや皮肉な結果だと筆者は思います。

 享徳の乱、長享の乱を経て、かつて関東を支配した足利家、上杉家はともにその権威を大きく落とすこととなり、最終的には北条家が両家勢力を排除して関東を支配するに至ります。

 こうした下剋上は何も関東地方に限るわけではありません。しかし、戦国時代の関東は他の地方と比べて、その抗争の激しさ、既存勢力の衰退ぶりが群を抜いており、素直に面白いと感じたことから、浅学ながら筆者もこうして紹介するに至りました。

◎通して読もう!

(1)「応仁の乱」よりも前から鎌倉は戦国時代だった
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50787

(2)かつて湘南ビーチは合戦の舞台だった!
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50789

(3)「関東版の応仁の乱」は約30年も戦っていた
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50855

(4)本家と分家がつぶし合い、上杉家の抗争「長享の乱」
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50856

筆者:花園 祐