米国の市場調査会社eマーケターがこの公表した、米国のソーシャルメディア市場に関するリポートによると、今年(2017年)の同国におけるフェイスブックの利用者数(月間利用者数、1カ月に一度以上アクセスする人の数)は、1億7290万人となり、同サービスは断トツの利用者数を維持し続ける。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

FBのティーン利用者、2年連続減少へ

 しかし、その前年に比べた伸び率はわずか2.4%にとどまる見通しだ。一方で、フェイスブック傘下のインスタグラム(Instagram)や、米スナップのスナップチャット(Snapchat)の前年比伸び率は2桁台となり、この2つのサービスは大幅に利用者数を増やすと同社は予測している(米テッククランチの記事)。

 その理由は、ティーンエイジャー(eマーケターの定義では12〜17歳)とヤングアダルト(同18〜24歳)の間で、フェイスブックを利用する人が減っているからだという。

 eマーケターは、今年におけるフェイスブックのティーンエイジャー利用者数は前年比で3.4%減少すると見ているが、この減少率は前年の1.2%を上回る。eマーケターによると、これで2年連続して、フェイスブックのティーンエイジャー利用者は減少するという。

 また、11歳未満と、ヤングアダルト世代のフェイスブック利用者数の伸びは、従来予測のそれを下回る見通しだ。

 eマーケターはその理由として、ティーンやトゥイーン(8〜11歳くらいの子ども)世代で、スナップチャットとインスタグラムへの移行が進んでいると指摘。写真や動画などのビジュアルコンテンツといったサービス特性が、これら世代のコミュニケーション方法と合致しているという。

 もちろん、これらティーンやトゥイーンの世代でも、フェイスブックを利用している人はいる。しかしその利用頻度や利用時間は減少しつつあると、eマーケターは指摘している。

スナップチャットは25.8%増の7920万人

 一方で、今年のスナップチャットの米国利用者数は、前年比25.8%増の7920万人となる見通し。

 eマーケターは最年長の世代層を除き、すべての世代層で、スナップチャット利用者数の予測を上方修正しているが、とりわけ、ヤングアダルト(18〜24歳)で、その修正幅が大きい。この年代層における今年の利用者数伸び率は、19.2%になるという。

インスタグラムは23.8%増の8550万人

 同様にして、インスタグラムの今年における米国利用者数は、前年比23.8%増の2桁増となり、8550万人に達するとeマーケターは予測。こちらは11歳以下の年齢層の伸び率が、19.0%になるという。

 インスタグラムは、フェイスブックが上場した2012年に、推計7〜10億ドル(約1000億円)で買収した写真共有サービス。eマーケターの主席アナリスト、デブラ・ウィリアムソン氏は、「フェイスブックはインスタグラムを傘下に持っていて幸運だった。本体サービスにおけるティーンエイジャー利用者数は減少しているものの、同社は引き続き、インスタグラムでティーンエイジャーにリーチでき、広告収入を伸ばすことができる」と指摘している。

筆者:小久保 重信