グラフィコの「フットメジ フンデオスプレーM スーパークール」

写真拡大

 最近、「スメハラ」という言葉をよく聞くようになった。これは「スメルハラスメント」の略で、体臭などのにおいによって周囲に不快感を与えてしまうことを意味する。

 特に夏は、スメハラが顕在化しやすいシーズンだ。汗をかきやすい体質の人など、自分のにおいが悩みの種となる場合もあるだろう。周囲を不快にさせてしまうということは、日常生活はもちろん、ビジネスにおいても悪影響を及ぼす可能性がある。ビジネスパーソンこそ、においケアには十分に気を使うべきなのだ。

 そこで、夏から初秋まで活躍してくれること必至の消臭アイテムを5つ紹介したい(価格は税込み表示)。

●運動しても汗ジミ&汗臭さとは無縁の消臭シャツ

【デオエスト クール 消臭アンダーシャツ丸首(涼感)/セーレン/3060円】

 まずは、創業128年のセーレンが開発した「デオエスト クール 消臭アンダーシャツ丸首(涼感)」だ。高い吸汗速乾機能と着心地のよさ、そしてスピード消臭力に優れた商品である。

 ナノレベルのセラミックスが人体から発生するにおい成分を吸着し、金属イオンが分解することで素早く消臭を行うというメカニズムになっている。また、接触冷感(さわったときにひんやり感じる現象)や吸汗速乾機能によって従来の消臭アンダーシャツよりも通気性が25%アップしており、夏でもより涼しく快適に過ごせるように改良されている。

 実際に着用してみると、さらりとした着心地でアンダーシャツを着ていることを忘れてしまうほど薄い。数時間運動して汗だくになった後でも、衣服に汗のシミはできず、においもまったく気にならない。運動してからしばらくたっても、汗が乾いた後特有の嫌なにおいを感じることはなく、汗臭さとは無縁の1日を過ごすことができた。

 この商品は、どうやって開発されたのか。セーレン住生活資材販売部に聞いた。

「共同開発者である広島大学病院感染症科の大毛宏喜教授は、介護や医療の現場で『におい』に悩む人が多くいることを感じており、自身の研究から、『においは、漂う前に発生源にもっとも近いところで包み込んで消すのがベスト』と考えていたそうです。

 当社社長の川田のインタビューがビジネス誌に掲載され、大毛教授から当社あてに『においを包み込んで瞬間的に消す“布”をつくってほしい』とメールをいただいたことをきっかけに、開発が始まりました」(セーレン住生活資材販売部)

 しかし、大毛教授の求めていた品質は、かなり実現が難しいものだったそうだ。

「消臭スピードやさまざまなにおいへの対応、洗濯耐久性など、大毛教授の要望はかなりハードルが高いものでした。しかし、最新のナノテクノロジー技術の応用や幾度の実用実験を繰り返し、約3年の歳月を費やして完成したのが『デオエスト』です。

 おかげさまで、『デオエスト』シリーズは2010年の発売から累計販売数25万枚を突破。今年6月にリニューアルした『デオエスト クール』は前年度比約2倍の販売実績となりました」(同)

●足ムレ&悪臭を防ぐ靴下、今治タオルの消臭版

【SUPER SOX スタンダード/岡本/864円】

 次に紹介するのは、靴下専業メーカーの岡本が生み出した機能性靴下。04年の発売以来、「足のムレやにおいが気にならなくなった」と多くのビジネスパーソンに愛用され、累計販売数1000万足を超える大ヒット商品となっている。

 同商品は、宇宙飛行士用の靴下にも採用されている「ブリーズファイバー」というオリジナル素材を採用し、ウール本来の吸湿性と放湿性を生かしながら、毛玉ができやすいというデメリットを解消した。そのため、においの原因となる雑菌の繁殖を抑制することができ、足のにおいを抑えてくれるのだ。

 1日使用してみたところ、評判通り消臭力は高く、暑い日に外を歩き回っても足のムレが少ないように感じた。また、ウールといえば「素材のチクチク感が苦手」という人も多いかもしれないが、やわらかな「SUPER SOX」は綿やリネンのような素材感である。消臭機能だけでなく、履き心地まで追求してつくられたことがわかる。

【ブリーズブロンズ 消臭フェイスタオル/ライフリング/1944円】

 続いて、「ブリーズブロンズ 消臭フェイスタオル」。「ブリーズブロンズ」とは、ライフリングが製造する消臭製品で、もともとは介護の現場で問題視されていた“においストレス”を解消するために開発されたものだ。

 タオルの繊維に消臭分解機能を持たせており、においの元となる成分が付着すると、中和反応によってその成分をにおいのないものに変化させるという仕組みだ。変化後の成分は洗濯で洗い流されるため、タオルの消臭効果はそのたびに復活する。

 また、同商品はタオルの名産地として知られる愛媛県今治市で製造されており、厳しい基準をクリアして「今治タオル」のブランドマークを獲得している。綿100%で安全性や品質は折り紙つき。もちろん吸汗性にも優れているため、汗っかきでも安心して常用することができる。

 使用感は、はじめこそ繊維の硬さが感じられるが、吸汗性は抜群。一度洗うことによってふんわり感が増し、さわり心地がより優しくなった。部屋干しをしても雑菌臭は感じられず、乾くのは早い。「今治タオル」の名を冠するため、少々値は張るが、何年も使用できることを考えると、むしろ経済的かもしれない。

●汗やにおいを瞬間的にブロック!大人気スプレー

【エージーデオ24シリーズ「メンズデオドラントスプレー N」/資生堂/702円】

 手軽に消臭できるスプレータイプはかねて人気だが、なかでも特に注目のアイテムを2つ紹介したい。

 まずは、資生堂が「24時間、いつでもどこでも肌快適ケア」というコンセプトで販売し、デオドラントスプレーの売り上げNo.1となった「エージーデオ24」ブランドから。男性には、今年2月に発売された「メンズデオドラントスプレー N」がおすすめだ。

「みょうばん」や「酸化亜鉛」などの制汗消臭成分や、皮脂、汗を抑える「シーバムケア(吸着)成分」、におい菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」を含み、スプレーすることで瞬間的に汗やにおいをブロックすることができる。加えて、従来品より広範囲に噴射されるように設計が変更され、わき汗にも対応できるようになったのがうれしい。

 ただ、デオドラントスプレーのため即効性には優れるが、持続時間が短い。一時的に消臭できるものの、しばらくして再び汗をかけば、においが発生してしまう可能性があるので注意が必要だ。

●踏むだけで消臭&マッサージ作用が期待できるヒット商品

【フットメジ フンデオスプレーM スーパークール/グラフィコ/998円】

 最後は、グラフィコが開発した消臭とマッサージ作用の2役をこなす商品だ。15年3月に発売後、『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)で紹介されたことで人気に火がついた。

 特徴は、商品名の由来でもあるが、足で踏むことで消臭成分「カキタンニン」や除菌成分「IPMP」を含む消臭剤が吹き出し、靴下のにおいを抑えることができる点だ。

 さらに、キャップには「グリフミヘッド」と呼ばれる長さや太さの異なる複数の突起が付いており、足裏全体のマッサージ器具としても使用可能だ。「スーパークール」と「リフレッシュクール」の2タイプが展開されており、前者は冷涼感が長く続くのが特徴だ。

 筆者も使用してみたが、まずヘッド部分を回すことでスプレーのON/OFFを切り替えられる点はプラス評価。これにより、マッサージとして使用時に誤って消臭剤が吹き出すことがない。肝心の消臭効果はデオドラントスプレーと同じく控えめだが、踏むだけで消臭できるという簡便さは大きなメリットだろう。

 スプレーの噴射範囲が狭く、足裏全体のにおいを取るには何度も踏まなければならないが、グリフミヘッドのマッサージ作用が思いのほか気持ちよく、外回りの多い営業職のビジネスパーソンなどは利用価値があると感じた。

 そこで、グラフィコ販売促進部に売れ行きや消費者の声について聞いた。

「世間の体臭ケアへの意識が高まるなかで、『消臭とマッサージ作用が一緒にできればいいのに』という思いから開発がスタートしました。当初から、営業職の方の疲れた足を癒したり事務職の方の座りっぱなしの足をほぐしたり、というようなオフィスユースを想定して開発しました。

 ですが、そのほかにも、ご自宅で帰宅時にひと踏みすることで、においと菌を家の中に持ち込まずに済んだり、運動部に在籍するお子様をもつ親御様がお子様用にご購入されたりと、さまざまなシーンでご利用されているというお声をいただいています」(グラフィコ販売促進部)

 発売された15年頃は、ちょうど「スメハラ」という言葉が社会に浸透し始めた時期だ。その影響もあって、予想を超える反響があったという。

「テレビで取り上げられたことで話題になり、初期ロットはわずか1週間で完売。その後も順調にメディア露出が続き、初年度はテレビだけでも14媒体にご紹介いただきました。現在も、引き続き多くの方にご愛用いただいており、大変うれしく思っております」(同)

 周囲への気遣いや印象という意味でも、デキるビジネスパーソンになるためにはスメハラ対策が必須の時代だ。残暑が厳しい時期のビジネスマナーのひとつとして、試してみてはいかがだろうか。
(文=日下部貴士/A4studio)