高畑充希と竹内涼真に別れ…衝撃展開に「泣ける」と視聴者騒然『過保護のカホコ』

写真拡大

高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の第7話が8月23日に放送。根本加穂子(高畑)と、その恋人・麦野初(竹内涼真)が別れを迎えてしまい、「これは泣ける」「この展開は辛い……」と話題を集めた。

遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・初と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、初めてのアルバイト、初恋の末に母・泉(黒木瞳)と対立する様子、父・正高(時任三郎)と泉の家出。そこから仲直りする様子などが描かれた。

第6話で、初と付き合うことになり、名前を呼んで欲しいとお願いしたカホコ。第7話で初は、話をしている最中に照れながらも言葉の最後に「カホコ」と毎回のように呼び、「照れ屋さんだからさ、俺。カホコにまた急に名前を呼んでくれって言われたら困るから慣れておこうかなと思って」とその理由を説明する。

この姿に、ネット上では「カホコって回数多い、かわいい(笑) ほんまに好き」「テレビ見てたら竹内涼真めっちゃカホコって連呼してるなんか嬉しい」「カホコも麦野くんも可愛さ100」「初くんがカホコって呼んでる! めっちゃぶきっちょ(笑)」といったコメントが続出。

その後、母方の祖母・初代(三田佳子)が重い心臓の病気を知ったカホコは、彼女を元気づけるべく従姉妹のイト(久保田紗友)の誕生日会を催すことに。その矢先、親戚一同で様々な問題が勃発する。なんとか各所を丸く収めたカホコは、無事に親戚たちを祖母が待つ家に集めることに成功。しかし、集まった親戚たちはひょんなことから口論を始め、家族に対する罵詈雑言を浴びせ合うのだった。これに嫌気が差したカホコは外に飛び出し、その後を初が追う。

追いついた初が励ましたところ、元気を取り戻したカホコ。唐突に「子どもを作ろう、初くん。ばあば言ってたでしょ。子どもが出来たら嬉しいって。ばあばが生きてる内にひ孫を作ったら、ばあばきっとすごく喜んでくれると思う」と思いつきで提案するカホコに対し、初は「俺たち結婚もしてないのに」と当然の答えを返す。すると、カホコは「じゃあ結婚しよう」と言い出すが、初は「ばあばにひ孫を見せたいからって結婚するのは本末転倒だって。本末転倒って意味わかってるか?」とたしなめる。すると、カホコは「わかってるよ。バカにしないでよ、そうやって。カホコが家族のために何かしてあげようとするとすぐ文句ばっか言うし」と言い返すが、初には「考えが甘い」と言われてしまう。

さらに、「バカみたいに家族は素晴らしいって言うけど、世の中そんなに甘くないんだよ。ケンカばっかりする家族もいれば殺し合いする家族だっている」「さっきだってあんなにみっともないケンカしてた。所詮人間なんか弱い生き物なんだから」と言われ、カホコは「そうやってわかったようなことばっかり言って、カホコの家族のことバカにするのやめてくれないかな」と反論し、「結局、初くんは家族がいないからわからないんだよ。カホコの気持ちが」と、施設で育った初めに対して禁句を発する。さすがの初も「お前が言った通り、俺は家族のことなんてわからないし、わかろうとも思ってない。お前と違って家族の愛なんてこれっぽっちも信じてないし。生きる世界が違うんだよ。俺とお前は」と感情を露わにし、「もう……付き合うのやめよう」と告げるのだった。

この展開には、ネット上でも「カホコを追いかけて行く初くんがかっこよ」「今回悲しい」「これは流石にカホコかわいそう」「カホコ涙止まらん」「最後泣いた」「修羅場のままにまさかの展開」「カホコはやばいよ」などといった声があがり、反響を呼んでいた。

衝撃のラストを飾ったが、30日放送の第8話の予告では、根本家のテーブルに二人が並び、カホコが「お願い。麦野初くんと結婚させてください」と両親に頼み込む姿が。一体、どんなストーリーが紡がれるのか、最後まで見逃せない。