ビジネスシーンでは、和洋中のさまざまなお店で社内外の人と会食をする機会がありますが、プライベートとの違いは、料理の食べ方や席次に注意しなければならない点でしょう。今回は「中国料理店」で接待や会食をする際のマナーについて専門家に聞きます。

 教えていただくのは、企業などで人財育成や接待・会食などのマナー指導を行い、新著「かつてない結果を導く 超『接待』術」など国内外で70冊以上のマナー本があるマナーコンサルタントの西出ひろ子さんです。

「中華料理店」でなく「中国料理店」

「日本ではよく中華料理という言葉を耳にしますが、接待や会食で利用すべきなのは、中華料理店よりも一般的に高級な中国料理店。中華料理店は日本人好みにアレンジされたラーメンやチャーハンなど、気楽に食べられるメニューがメインですが、中国料理店は北京ダックやフカヒレなどの高級食材を使用したメニューが豊富で、個室も充実しています」(西出さん)

 中国料理店を利用する際に気になるのが、円卓の席次と回し台の使い方です。

 西出さんによると、そもそも円卓は大人数でもお互いの顔を見ながら、堅苦しさを感じることなく食事と会話ができるため、親睦を深める意味合いの接待や会食などの席に最適。円形は「調和」を連想させ「縁(えん)」につながるとも言われます。

 それでは、円卓における席次はどのようなものでしょうか。

「一般的に、中国料理を囲んだ円卓の席次は、出入り口から最も離れた席が最上位の上座(部屋の造りや絵画、景色などによって異なることも)。以降、上座の人から見て左隣が2番目、右隣が3番目で、それを左右交互に繰り返します。回し台は上座の人から時計回りに回すのがマナーです」

 しかし、これだと、席次3番目の人が一番最後に料理を取ることになってしまいます。

「接待では、コース料理をオーダーすることが多いと思いますが、その場合はたいてい、お店の人が料理を小皿に取り分けて各自の前に置いてくれます。しかし、そうでない場合は最後の人が取り終えるまで料理を食べないのがマナーです」

所作や形式よりも大切なこと 

 西出さんによると、食事中のマナーとしては、その所作や形式よりもさらに大切なことがあるといいます。

「回転台を回してくれた右隣の人に『ありがとうございます』、左隣の人に『お先に失礼いたします』と伝えて料理を取ることが大切です。マナーとは本来、このような周囲への配慮あるひと言によって、お互いに気持ち良くなることを目的とします。形式にこだわるあまり、お礼を伝える余裕をなくしては本末転倒。接待は先方に心地良くなっていただき、双方が利益を上げることが目的であり、おもてなしの心あるマナーが必須です」

 ちなみに、会議などで円卓を使用する場合の席次は中国料理とは異なり、最上位席の右隣が2番目、左隣が3番目。これは、国際儀礼のプロトコルや欧米においては「右上位」であることに由来します。

「中国では時代にもよりますが、皇帝が南に向かって鎮座した時、太陽が昇る東の位置である『左』を上位とするという考え方があり、中国料理の席次も左上位(左隣が2番目)とされているようです。日本も本来は左上位ですが、近年は混在しています。その時代や状況、相手などに応じて『型』が変わることもある、それが本来のマナーなのです」

(オトナンサー編集部)