準決勝を終えた瞬間、笑顔で称え合う新見小晴(左)と長谷川愛依

写真拡大 (全5枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)、通称「全中」の5日目は、男女シングルス4回戦(準々決勝)、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われた。

 個人戦はすべてトーナメント方式で、シングルス1〜4回戦、ダブルス1〜3回戦まで8ゲームプロセットで、単複ともに準決勝より3セットマッチ(ダブルスはセットオール後、10ポイントのマッチタイブレーク)で行われる。

 女子シングルスで最初に決勝進出を決めたのは、山口藍(熊本市立桜木)。準々決勝で大橋由奈(板橋区立赤塚第二)を8-3で退け、準決勝では森岡きらら(天理市立南)を6-3 6-1のストレートで下した。

(写真)ストレート勝ちで決勝進出の山口藍

 森岡との準決勝は3-3まで均衡が保たれていたが、そこで山口が30-40からワンチャンスを生かしてブレークに成功。ストロークが冴えて勢いに乗ると、続くゲームをキープし、最後は森岡のサービスゲームをラブゲームで一気にブレークして第1セットを奪った。

 第2セットで山口は、腰、足を痛めて思うように動けなくなった森岡を6-1で圧倒し、決勝進出を決めた。

(写真)第1シードの伊藤汐里(さいたま市立常盤)は準々決勝で森岡に2-8で敗れた

 もう一方の山を勝ち上がったのは2年生のは長谷川愛依(一宮市立中部)。準々決勝ではお互い強打が武器の郄岡鈴蘭(城南学園)を8-4で上回り、新見小晴(岡山市立桑田)との準決勝に臨んだ。

 第1セットは「最初からフルパワーで臨んだ」という新見が序盤に奪ったリードを守りきり、6-4で制した。続く第2セットは、ストロークの精度が上がってきた長谷川が4-4から2ゲーム連取でファイナルセットに持ち込んだ。

 第3セットは長谷川の勢いがさらに増し、ファーストサービスが決まらずに苦しむ新見に畳み掛け、5-1とリードする。最後まであきらめない新見の反撃で2ゲームを奪われるが、2つ目のマッチポイントでフォアハンドのウィナーを決め、長谷川が4-6 6-4 6-3で熱戦に決着をつけた。

 「相手が上だった」と完敗を認めた新見。収穫の多い大会だったと振り返り、敗戦直後には笑顔で相手を称える姿が印象的だった。

(写真)「シングルス初めての全国大会でベスト8は自信になり、関東大会のときから成長できた」と手ごたえをつかんだ高橋

 ベスト8で敗れた大橋由奈(板橋区立赤塚第二)は「早く帰って今大会で出た課題に取り組みたい」と語り、同じく準々決勝敗退の高橋礼奈(相模原市立田名)は準決勝、3位の表彰式が終わるまで会場に残り、空いたコートで練習に取り組んでいた。向上心にあふれた若い選手たちは、これからどんどん伸びていくのだろう。

(写真)決勝では同じ城南の後輩ペアと戦う郄岡/児山ペア

 "城南対小平二"の対決となった女子ダブルス準決勝は山口花音/武本萌衣、郄岡/児山心美の城南ペアがともにストレート勝利を収めた。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)