よく利用するけど、意外と降りたことのない街「品川」。食事を楽しむ街ではないという固定概念から改札を一歩踏み出せない人も多いはず。

そんな貴方にオススメしたいのが、仕事帰りの駅ナカ飲み!品川駅にはわざわざ改札を出なくても大人の美食が楽しめる『エキュート』が存在しているからだ。

今回はキャリアウーマンのとあるシーンを元に、ただ乗り換えするだけじゃない、グルメな品川駅の使い方を教えます!




帰るつもりが仕事の連絡……。いつもの『エキュート』で店探し

イベントの現場を終えて、直帰すべく品川駅の改札に入るや、バッグの中で鳴っている容赦ない後輩からの電話。クライアントから企画書の再提出を求められ、至急チェックしてくれって……。30分後に送りますとのこと。

カワイイ後輩のためだ、仕方がない。ちょっとお腹も空いたし『エキュート』でもブラブラしてみるか。




駅構内が見えるカウンター席なら、仕事モードはONのまま

駅ナカだからって食事に妥協したくない。と、見つけたのは雰囲気良さげなイタリアン『カッフェ・クラシカ』。案内されたのは駅構内を見下ろせるカウンター席。お一人様にちょうどいいし、程よく仕事モードを保ってくれる。

雰囲気いいのに仕事もできる、こんな店滅多にない。改札を出なくてよかったな。オーダーの待ち時間は、過去メールでトラブルの経緯をチェック。




夢中になるほど美味しいパスタとワイン、このお店侮れない

今回のトラブルの経緯を把握した私は、タイミング良く運ばれたパスタを一口。あまりに美味しくて思わず、店員さんに聞いたところ銀座の名店『アロマフレスカ』の系列店なんだって。なるほど納得。

アサリの旨味とトマトの酸味が絶妙すぎる!パスタは好みの細麺だし、もう言うことなし。こんな至福のひととき、しばし仕事を忘れたってバチは当たらないでしょ。



ワインとアンティパスト、パスタをア・ラ・カルトでオーダー。魚介のパスタは「大粒アサリのスパゲッティ ヴォンゴレ」¥1,750。

ぷりぷりのアサリがたっぷり入り、食感、塩加減、旨みが絶妙なバランス。本格イタリアンならではのアルデンテ仕上げに。

「当月のグラスワインコレクション」¥450〜。ハーフポーション60㎖で提供。アンティパストの「イタリアンチーズの盛り合わせ 3種」¥950にもぴったり。




マナーは大事、仕事の電話は、エントランスで

食事は大満足だった私。コーヒーで一息ついた頃に、後輩からのメールを確認する。いくつか気になるものの、こちらも概ね満足ね。直接電話で修正点を指示して仕事は無事完了。次回は、後輩と一緒に来ようかな。


『Caffe Classica』

銀座の名店『アロマフレスカ』系列のマルチイタリアン。ランチもディナーも共に本格的なコース料理もそろえつつ、ア・ラ・カルトでワインバー的に利用することができる親しみやすさも備える。季節に合わせてメニューが替わるので、足繁く訪れたい。