正しい”ガチョーン”のレクチャーに笑う志尊淳(右から2番目)

写真拡大

9月2日(土)スタートのドラマ「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45NHK総合)の試写会が8月23日に行われ、主演の山本耕史、志尊淳、山内圭哉、浜野謙太、武田玲奈、優香、伊東四朗、原案を書いた小松政夫が登場した。

【写真を見る】隣にいる“ご本人様”小松政夫に恐縮しながら語る志尊淳

本作は、「明るい昭和」を象徴するコメディアン・植木等と彼の付き人兼運転手として働き、後に芸能界で活躍する松崎雅臣(小松)の師弟関係を描いた笑いあり涙ありの物語をドラマ化したもの。

植木を演じた山本は「(今回の役は)歴史上の人物とは違って、脳裏に鮮明に焼き付いている植木さんの姿があるので、どうやって演じようかなという気持ちでしたが、素直に楽しめました」と明かす。

松崎(小松)役に挑んだ志尊は「小松さんが横にいるのに大変恐縮ですが…初めての大スター役で最初はすごく不安がありました」と本人を前に、緊張気味の様子。続けて「原案を読んで、今にない師弟関係の上で人間の情というか義理であったり、いろんなすてきな人間関係が描かれているこの役をやれて、本当に光栄です」と語った。

当時のテレビ番組や映画撮影を再現したシーンも交える本作。ハナ肇とクレイジーキャッツとしてコントにも挑戦した山本、山内、浜野は「楽しかった」と口をそろえた。

“オチ”についてはアレンジも加えていたようで、ハナ肇役の山内が「クレイジーさんもそういうふうに(アレンジしながら)やっていたのかな」と言うと、小松が「そういうこと聞かれると思ってずっと放っといていました(笑)」と撮影に立ち会わなかった理由を明かした。

さらに、小松がドラマ内でも登場する谷啓のギャグ“ガチョーン”をレクチャーする一幕も。小松は「空中にある物をつかむように…」と力説し、浜野や志尊らは笑みをこぼした。

役作りについて、山本は「『寄せられるだけ寄せてください』と言われたので、体も絞って、やり過ぎて物まねにならないようバランスをとった」と苦労を明かした。

植木の妻・登美子を演じた優香は「初日、(山本が)一言発したとき“植木等さんだ!”って思いました。まねするわけでもなく、遠くなく、すごく絶妙で鳥肌が立った」と絶賛。それを受け、山本は「一番心配していましたが、優香さんや、伊東さんからも『似てたよ』と言われ、安心しました」と手応えを見せた。

最後に、志尊は「人生3カ月でこんなに笑って泣いて怒ることってあるのかなというくらい貴重な体験をさせていただいた」と撮影を振り返り、「小松さんのエネルギーや熱量を自分が出せる限り出して、小松さんの思いをしっかり伝えなきゃなと気合を入れています」と作品への熱意を示した。