土曜日に対戦するボルシア・ドルトムントとは、就任以来ここまで1勝2分2敗の成績を収めているパル・ダルダイ監督。今回勝利すれば、成績を文字通り完全にイーブンにすることができるが、しかし「今回は全く違いプレーの流れ、全く違うドルトムントだと考えているよ。彼らは別の形でボールを回しているし、全くことなるポゼッションを行なっている」との考えをしめした。「彼らはとても危険だ」

だがその試合の前日、金曜日にはヘルタ・ベルリンにはもう1つ注目のイベントが待っている。それはヨーロッパリーグのグループリーグ組み合わせ抽選会だ。希望の組み合わせについては、ダルダイ監督は2つの希望をもっており、母国ハンガリーの「ヴィデオトンがパルチザンに勝利して同じグループになるといいね」とコメント。「それなら何日か長く泊まっても、宿泊代はタダだ」と笑顔をみせた。

もう1つの願いは「ビッグクラブ、文字通り大きな名前をもったクラブと対戦したいね。それが実現できたら素晴らしいことだろう」と希望を述べている。その一方で、ふくらはぎの打撲から「厄介な形」で回復が長引いていたマキシミリアン・ミッテルシュテートが、この日はチーム練習復帰を果たした。